住宅産業新聞 | 戸建てを軸にした住宅産業の総合専門新聞 | Page 657

今週の紙面

広告
広告 広告 広告

ピックアップニュースダイジェスト

戸建住宅用の定価制リフォームで、三井ホームリモデ、エネファームを標準仕様に

三井ホームリモデリングは、戸建住宅用の定価制リフォーム『わが家一新』に、東京ガスの家庭用燃料電池エネファームを標準仕様とした「創エネリフォームシリーズ」を追加した。新商品は、エネフ...続きを読む

内外テクノスと東スリーエス、有害物質の放散抑える内装材料向けコート剤

内外テクノス(東京都新宿区)と東スリーエス(仙台市青葉区)は、VOCや有機酸(ギ酸・酢酸)の放散を抑制する内装材料向け水性コート剤「NANO Vコート」を共同開発した。こども部屋を...続きを読む

大和ハウス、住宅の資産価値向上へストック事業一元化

大和ハウス工業は、住宅の資産価値向上へストック需要に対応した商品・サービス事業を一元化した。事業の総称を『AQ ASSET』に統一するとともに①維持管理②再生③再活用④建て替え──...続きを読む

INAX、ショールームでなるほどecoキャンペーン

INAXは9月1日から11月30日の期間、全国64ヵ所のショールームで「ショールームでなるほどecoキャンペーン」を開催する。テーマは、INAXショールームでeco達人になろう!。...続きを読む

木住協会員、次世代省エネ建築が42・6%

(社)日本木造住宅産業協会(矢野龍会長)がこのほどまとめた「2008年度 木住協自主統計調査」によると、昨年度に会員企業が建築した全住宅に占める、同次世代省エネ基準適合住宅の比率は...続きを読む

住宅金融支援機構、28日から09年度のマンション管理組合向け債券募集

住宅金融支援機構は、28日から10月15日までマンション管理組合向けの債券「マンションすまい・る債」の募集を行う。「マンションすまい・る債」は、修繕積立金の計画的な積立を目的に、毎...続きを読む

パナ電工、フラッシュ光と音で火災を知らせる「光る警報ブザー」

パナソニック電工は、火災時に住宅用火災警報器と連動してフラッシュ光と音で火災を知らせる「光る警報ブザー」を21日に発売する。警報音に加えてキセノンランプのフラッシュ光によって、高齢...続きを読む

都市機構、民間からUR賃貸再生の提案募集

都市再生機構は、既存のUR賃貸住宅を、新たな視点で再生・改修する民間企業の提案募集を開始した。これは、同機構のストック再生・活用に関する新たな取り組みであるルネッサンス計画2「住棟...続きを読む

ハーマン、普及価格帯のビルトインコンロを一新

ハーマンは、ガラストップビルトインコンロの普及価格帯シリーズを2年振りにリニューアルし、「i-select(アイセレクト)シリーズ」として9月1日から発売する。普及価格帯でも高付加...続きを読む

セコム、OZONEに住まいのショールームを新設

セコムは17日、建築やインテリア、建材などのショールームが集まるリビングデザインセンターOZONE(東京都新宿区西新宿3―7―1)の6階に「SECOM SHOP SUMAI」をオー...続きを読む

こんな記事も読まれています

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)