【回顧2019】住宅業界のニュースを振り返る | 住宅産業新聞 | Page 2

【回顧2019】住宅業界のニュースを振り返る

ウェブ限定記事

2019年1~12月に発行した住宅産業新聞の1面トップに掲載された47本の記事を抜粋します。19年の住宅業界を一気に振り返ってみましょう。(編集部)

4~6月

再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)の期間満了を迎える住宅が、19年だけで53万棟になるとしています。大手住宅会社の多くは、卒FIT者が出始める11月までにオーナー向けサービスとして余剰電力買取サービスを相次ぎ立ち上げました。

19年の重大ニュースのひとつが、LIXILグループの経営者同士の対立。両者によるアピールには注目が集まりました。

トヨタ自動車とパナソニックが緊急会見。合弁会社を設立して子会社の住宅会社を傘下に収め、まちづくり事業に進出すると発表しました。

6月は、住宅産業新聞恒例の大手住宅メーカーランキングを発表しました。

4月

「卒FIT」2019年だけで53万件、大手住宅メーカー・オーナーへの備え着々=自家消費か、売電か

ヒノキヤグループのAI営業支援サービス「ひのくまコンシェルジュ」、導入から1年5ヵ月で受注件数に成果

経済産業省・資源エネルギー庁と環境省がZEH説明会、ZEH+Rは性能比較せず抽選=初の取り組みに予約方式導入

LIXILグループ、投資家向け説明会で樹脂サッシ事業強化に言及=潮田会長「価格競争力高める」

5月

2018年度新設住宅着工戸数、持ち家などが年度後半に堅調=0・7%増の95万3千戸、増税の駆け込みなしで

トヨタ自動車・パナソニックが合弁で街づくり、「プライムライフテクノロジーズ」2020年1月に設立

岡山ハウスデザインEXPO2019、地域に特化したリアルサイズの展示場=購入者の選択肢増やす、工務店の実力が前回より向上

ZEH実績「ゼロ」の背景、〝予算〟と〝補助事業の使いにくさ〟指摘=登録ビルダー工務店

6月

アイカ工業、セラミックタイル「ラミナム」=〝マット調人気〟など背景に

CLT構法の施工実績が300棟に、一般利用開始から3年で全都道府県で1棟以上=設計事務所などに普及が課題

2018年度大手ハウスメーカー・ランキング、売上高・総販売戸数トップは大和ハウス=戸建て首位は積水ハウス

「人生100年時代」の住まいとは、多様なライフスタイル・柔軟な対応に商機も

次ページでは7~9月のトップニュースを紹介します。

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

特集はこちら

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)