団体・組合 | 住宅産業新聞 | Page 61

記事の分類: 団体・組合

長期優良住宅の認定、中古戸建ての価格査定マニュアルに反映=不動産流通近代化センター

(財)不動産近代化センターは、長期優良住宅に対応した戸建て住宅の価格査定マニュアルを改定を含んだ宅建事業者向けの「価格査定マニュアル」(2009年版)を、7月下旬から発売する。今回改定した「戸建住宅価格査定マニュアル」は、長期優良住宅の認定を受けた住宅に対して、査定を20%上乗せ...続きを読む

硝子繊維協会、9月から全国11都市で充填断熱施工技術講習会を開催

硝子繊維協会は、9月から2010年2月までの期間、全国主要都市11ヵ所で「グラスウール充填断熱施工技術講習会」を開催する。グラスウール充填断熱工事の正しい施工方法の普及と温熱環境の知識啓蒙を目的に、長期優良住宅などの断熱に関する講演会、フラット35Sの説明、施工技術の紹介などを行...続きを読む

2×4協会、大型建築物事例研究セミナーを開催

(社)日本ツーバイフォー建築協会(小川修武会長)は31日、第1回ツーバーフォー大型建築物事例研究セミナーを開催する。協会が耐火構造として大臣認定を受けている一定の仕様の枠組壁工法について、近年、大規模な高齢者社会福祉施設などの利用実績がでていることから、2×4工法の大型建築物につ...続きを読む

建産協のカタログ情報サイト「カタらボ」、テスト版でPRを開始

(社)日本建材・住宅設備産業協会は、10月のサービス開始に向けて開設準備中の情報提供サイト「カタらボ」のテスト版(http://www.catalabo.org)の公開を開始した。カタらボは、建材や住宅設備メーカーのカタログを電子ブック形式で一堂に集め、利用者が製品・サービスの情...続きを読む

賃貸住宅の長期修繕計画、法人でも3割満たず、積立金に税制優遇重視

(財)日本賃貸住宅管理協会が行った賃貸住宅の修繕に関する家主アンケートによると、個人家主、法人家主とも長期修繕計画を作成している割合が少ないことがわかった。長期修繕計画を作成しているのは、個人家主では12・1%、法人家主で29・3%に過ぎないが、大規模修繕を行う予定があるのは個人...続きを読む

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)