大和ハウス工業、豊洲で開発中の高層複合施設の概要決定

main

 大和ハウス工業(大阪市北区、芳井敬一社長)は、東京・豊洲で建設中の17階建ての複合施設「(仮称)Dタワー豊洲」の概要を発表した。

 同物件は、東京駅から4キロ圏内で、ゆりかもめ「市場前駅」から徒歩2分に立地。今月11日にオープンしたばかりの豊洲市場にも近い。東京ガス用地開発が所有する開発用地を賃借して開発する。竣工予定は2019年7月31日。

 スマートフォンなどを活用して利便性を高めた宿泊施設「ホテルJALシティ東京豊洲」(330室、6~16階)や、標高2千メートル級の高地に相当する低炭素の環境下でトレーニングができる施設「(仮称)アシックス スポーツコンプレックス 東京ベイ」(2、3階)、商業施設などを併設する複合施設として、豊洲地区の賑わい創出に貢献するとした。

 1階は、レストランやコンビニが入居する。屋外は、多様な植栽を配置したり、テーブルや椅子を並べた4つのオープンスペースを作る。屋上の一部も緑化スペースを設ける。


WEB限定の記事です

住宅産業新聞は業界の幅広いニュースを掲載しています

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

関連するキーワード

全国の住宅関連ニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)