地域にあった分譲を地域に合った外観で統一、京都でNPOと地元工務店が〝町家〟モチーフに

18071622

 京都府の木材業者・建材店・工務店で構成するNPO法人京都くらし方研究会は5月末、京都市西京区で京都府内産木材を構造体・内外装に活用した戸建分譲住宅を公開した。

 市街化調整区域の老朽化した空室の賃貸住宅を、京都府内産木材を活用した分譲住宅として再生するため、地元工務店6社が共働し建築した。

 全6戸の戸建分譲住宅は、外観デザインに、当該地域に従来建ち並んでいた街道型の町屋住宅をモチーフにした統一デザインを採用し、地域の街並みの再生を狙った。


2018年07月19日付6面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

関連するキーワード

全国の住宅関連ニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)