アキュラホーム、分譲事業に本格参入、ヒルサイドテラス若葉台を公開

18062506

 アキュラホーム(東京都新宿区、宮沢俊哉社長)は21日、同社として「初めて基礎から開発」することになる戸建分譲地「ヒルサイドテラス若葉台」(東京都稲城市)を30日から一般公開するにあたり報道関係者に公開した。

 分譲地内では、太陽光発電で得た売電収入を維持管理費として運用するなどモノ・コト・空間のシェアを通して、資産価値の向上を図っている。

 同社はこれまで、注文住宅をメーンに展開してきたが、今回の分譲地のほかにも練馬区光が丘と清瀬市で分譲地を計画。「100棟を施工するイメージができた。2020年には200棟を目指したい」(まちづくり推進部・中道弘敬部長)という考えだ。

 会見では宮沢社長が「分譲部門も立ち上げ、責任者も明確にした。(分譲事業に)本格参入ということで進めている」と語った。


2018年06月28日付3面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

全国の住宅関連ニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)