キーワード: トヨタホーム
トヨタとミサワ、PM2・5対応可能な高性能フィルター仕様の24時間換気システム
 トヨタホームとミサワホームは、微小粒子物質「PM2・5」への対応として、高捕集率外気フィルター搭載の24時間換気システムを共同開発した。トヨタは、都市型住宅『エスパシオLX』に、ミサワが14年発売の新商品から順次設定していく。  現行システムは、天井設置タイプでフロアごとに給...続きを読む
「SMART MOBILITY CITY 2013」=住宅や通信などとつながるクルマ社会をテーマに、積水ハウス、トヨタホームが出展
 日本自動車工業会は、東京モーターショーと同時に「SMART MOBILITY CITY 2013」を12月1日まで東京ビックサイトで開催している。  住宅や通信などとつながるクルマ社会をテーマに、新たな交通システム、モビリティ、スマートシティなどの姿を展示。自動車メーカーとと...続きを読む
トヨタホームがTASP導入、高齢期の生活を提案
 トヨタホームは、高齢期の生活提案「TOYOTAHOME ActiveSeniorProject(TASP=トヨタホーム・アクティブ・シニア・プロジェクト)」を導入する。鉄骨軸組構法の都市型住宅の最上級モデルとなる『エスパシオLX』商品化に伴うもので、コンセプトは「いつも、いつま...続きを読む
トヨタホーム、研究開発機能を集約化、春日井にテクニカルC
 トヨタホームは、春日井事業所(愛知県春日井市)に、技術開発のための拠点となる『テクニカルセンター』を竣工させた。  同事業所内に分散していた研究開発の各業務を、同センターに集約化。新商品の試作の他部材のベンチマーク活動、仕入れ先検討会の充実など新たな発想を盛り込み機能強化を図...続きを読む
大手3社が浦安で戸建て分譲、11月から第1期
 トヨタホーム、パナホーム、ミサワホームの3社は、千葉県浦安市で11月から第1期の販売開始を予定する、大型戸建分譲『ジ・アイルズ』の概要を公表した。3社それぞれが特徴のあるスマートハウスを提供しながら、外構仕様などを共通化し、街区全体に統一感を持たせる。さらに、液状化対策も徹底さ...続きを読む
トヨタホーム、全国18ヵ所の分譲展示場で「フランフラン」とコラボ
 トヨタホームは、インテリア・雑貨ブランド「Francfranc(フランフラン)」の商品で室内がコーディネートされたモデルハウス(分譲展示場)として『TOYOTAHOME with Francfranc』を9月2日から順次展開する。2014年3月までの期間限定で、関西から東北まで...続きを読む
トヨタホームがリフォーム事業本格化、新会社設立し市場開拓
 トヨタホームが、リフォーム事業を本格化させる。新会社『トヨタホームリフォーム』を設立し、自社供給以外の物件の受注を行う。防犯性と通風を両立させたブラインドシャッター「エアリーガード」やオリジナルのエコキュートの販売など、トヨタ自動車グループでの取り組みも強める。同社の森岡仙太社...続きを読む
トヨタホーム、仙台でスマートハウス分譲
 トヨタホームと販売会社のトヨタホームとうほくは、スマートハウス分譲地「えきまちスマートグリーンタウン荒井東」(仙台市若林区)の第1期として26区画の販売に着手した。総区画数73区画の内、トヨタホームが36区画を担当する。  同荒井東は、2015年開業予定の仙台市営地下鉄東西線「...続きを読む
トヨタホーム、鉄骨ユニット住宅主力商品を一新、スマートハウス仕様追加で
 トヨタホームは、鉄骨ユニット系戸建住宅の主力商品『シンセ・スマートステージ』を、5年ぶりに全面リニューアルし、スマートハウス仕様を追加した。  これで、シンセシリーズ全商品でスマートハウス化が実現。トヨタ自動車のスマートセンターとの連携を強化するとともに、ワイヤレスタイプの普...続きを読む
トヨタホーム森岡社長、シェアアップへ対応強化、TSC活用軸に強み生かす
 トヨタホームの森岡仙太社長は、「2013年は設立10周年にあたる『エポックの年』であり、全棟スマートハウス化などに伴う、シェアアップへの取り組みを強化する」方針を示した。  同社長が「最大の強み」と位置づける「トヨタスマートセンター(TSC)」の活用を軸に、トヨタ自動車のグル...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)