キーワード: トヨタホーム
トヨタホーム、インドネシアで住宅販売
 トヨタホームは1日、インドネシア共和国のジャカルタ首都特別州に設立した、初の海外子会社「トヨタホームインドネシア」の営業を開始したと発表した。新会社は戸建住宅の販売会社で、第一弾としてジャカルタ郊外の西ジャワ州で分譲プロジェクトに参画する。現地は、トヨタ自動車のブランドが浸透し...続きを読む
オリコンが注文住宅の顧客満足度ランキングトップ10を発表
 オリコンは、実際にサービスを利用したことがある人を対象に調査した「オリコン顧客満足度ランキング」の『ハウスメーカーランキングトップ10』を発表した。1位はスウェーデンハウスで、全15個の調査項目のうち12項目でベスト3に入った。「設備・内装の質の高さ」、「オープンハウスやモデル...続きを読む
賃貸住宅商品=トヨタ、女性社員が女性目線で企画設計
 トヨタホームは、スチールハウス構法『ヴィー・アルファ・フリーサ・ハコ』とユニット構法の『シンセ・スマートメゾン・ハコ』の賃貸住宅2商品を発売した。同社の女性社員が企画・設計しており、ゆとりのあるリビングや充実した収納・キッチンなど〝女性の目線〟を盛り込んだ。  ヴィー・アルフ...続きを読む
トヨタすまいるライフ、豊田市でスマートハウスとマンション複合開発
 トヨタホームグループのトヨタすまいるライフは、愛知県豊田市で『Smile×Smart PROJECT』をスタートさせた。  全棟スマートハウスの分譲戸建住宅と、経済産業省の認定を取得したスマートマンションによる、全153戸の複合開発。スマート化だけでなく、電線類の地中化や...続きを読む
シリーズ「住宅と消費税」=トヨタホーム山科忠社長、根本はマインド悪化
 トヨタホームの山科忠社長は、住宅産業新聞のインタビューに応え、10月の受注が前年同月実績を上回っているものの「(反動減期にあった)昨年10月との対比によるもので、まだ本調子ではない」との認識を示した。  また、反動減の引き金を引いたのは消費税アップだが、根本には景気の悪化...続きを読む
トヨタホーム、「シンセ・ジャストキューブ」と「シンセ・グレートソーラー平屋」
 ジャストキューブは、延床面積100平方メートル前後のプランが中心の提案で、小面積帯のニーズに応える。また、平屋は片流れの大屋根仕様で14キロワットの太陽光発電(PV)システムが搭載できる。いずれも、独自の鉄骨ユニット住宅「シンセ」シリーズとしての展開となる。  シンセ・ジ...続きを読む
トヨタグループ初のサ―ビス付き高齢者住宅「T─グランシア水源」
 トヨタホームとトヨタすまいるライフのサービス付き高齢者住宅『T─グランシア水源』(愛知県豊田市水源)が、13日のオープンを前に準備が急ピッチで進む。  運営を手がける、トヨタすまいるライフの清水一平社長は「施設の善し悪しは、働くスタッフがどういう意識でサービスを提供するか...続きを読む
トヨタホームと建設職組合、宮城の災害公営住宅工事で協定
 トヨタホームと山元町建設職組合は、このほど「東日本大震災に係る山元町災害公営住宅推進に向けた取組に係る相互協力協定」を結んだ。  協定は「新山下駅周辺地区市街地整備工事外」(宮城県亘理郡山元町)で、トヨタホームが特定建設企業体(フジタJV)から受注している災害公営住宅につ...続きを読む
トヨタグループと東急不グループなどインドネシアに宿泊施設
 豊田通商とトヨタホーム、東急不動産グループ、現地大手企業「リッポーグループ」など4社が、インドネシアで建設を進めていたホテルレジデンス「アクシア・サウスチカラン」が竣工し、27日から開業する。〝インドネシアの寛ぎと日本品質のおもてなし〟をモットーに、日系企業の長期滞在者や出張者...続きを読む
とよたエコフルタウン・LIXILパビリオン=上、緩勾配屋根沿う風で渦巻き効果生む工夫
 愛知県豊田市が取り組みを進める低炭素社会モデル地区「とよたエコフルタウン」(愛知県豊田市元城町3―11)は、トヨタ自動車やトヨタホーム、大和ハウス工業、ナイス、LIXILなどが協力し、「スマートコミュニティ」をテーマに、水素ステーションやITS(高度道路交通システム)、スマート...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)