トヨタホーム | 住宅産業新聞
キーワード: トヨタホーム
トヨタホーム、全棟木造の分譲住宅が7月販売開始へ
18062801
 トヨタホーム(愛知県名古屋市、山科忠社長)は、神奈川県開成町で開発中の全戸2×4工法を採用した分譲住宅の販売を7月から開始する。事業化に向けた試験販売を除き、同社が木造住宅を建設し、販売するのは今回が初めて。販売価格は未定だが、住宅と外構で約2千万円、土地込みで4千万円台になり...続きを読む
2017年度大手住宅メーカー・ランキング、総販売戸数トップは大和=戸建て首位は積水ハウスが堅守
2018年06月21日01面_住宅産業
 住宅産業新聞が集計した大手住宅メーカー・ランキングによると、2017年度(対象11社、積水ハウスは1月期、ヤマダ・エスバイエルホームは2月期、その他が3月期)の総販売戸数(戸建て、アパート、マンションの合計)は、3年連続で大和ハウス工業がトップだった。  2位の積水ハウス...続きを読む
トヨタホーム、2×4分譲に新規参入=「鉄骨高い」とのエンドユーザーの声に対応
 トヨタホーム(愛知県名古屋市、山科忠社長)は2×4工法の木質住宅ブランド「モクア」を立ち上げ、木造分譲事業に新規参入する。まずは、神奈川県開成町で11区画の分譲地を開発し、7月から販売を始める。戸建市場の縮小に備え、坪単価50万円程度の未進出市場に打って出る。全棟で長期優良住宅...続きを読む
トヨタホーム、子育て向け狭小地対応の新商品「シンセ・アイラシク」
18041945
 トヨタホーム(愛知県名古屋市、山科忠社長)は19日、鉄骨ラーメン構造の戸建て商品のシンセシリーズに、子育て世代向けの新商品「シンセ・アイラシク」を追加して発売した。新規格のユニットや新工法を採用して、都市部などの狭小地での敷地対応力を高めた。  耐震性や耐久性、断熱性など...続きを読む
トヨタホーム、木造戸建てに本格参入 分譲戸建てメーンに2×4工法で展開
2018年01月09日06面_住宅産業
 トヨタホームは、木造戸建ての新ブランドを今夏から本格展開する。新ブランド名は「MOKUA(モクア)」で、2×4工法を採用。第1弾は東京都練馬区で全11区画で分譲を開始し、神奈川県の分譲戸建てを第2弾として計画している。同社は、完全子会社の「トヨタウッドユーホーム」(栃木県宇都宮...続きを読む
大和ハウス工業や東急不動産グループ、「Google Home」使用しコネクテッドホーム実証実験
2017年10月12日01面_住宅産業
 住宅分野のIoT(モノのインターネット化)推進を目指し、東急グループや大和ハウス工業、パナホーム、トヨタホーム、LIXIL、TOTOなどが参加する企業連合「コネクテッドホーム アライアンス」が、様々な住宅設備や家電と接続する新プロジェクトをスタートする。大和ハウス工業は、AI(...続きを読む
トヨタホームが2千万円台の注文戸建てモデル、延床面積限定し一次取得者に訴求
2017年09月07日02面_住宅産業
 トヨタホームは1日、鉄骨ユニット工法の注文戸建住宅で2千万円前後となる戸建住宅販売40周年記念モデルの販売を開始した。2018年3月までの契約で、延床面積110平方メートル(約33坪)以下、「シンセ」シリーズに限定し、価格を抑えることで、一次取得者層の獲得を狙う。大手ハウスメー...続きを読む
パナホーム、インドネシアで戸建分譲、海外で初の戸建て開発・販売
2017年06月08日02面_住宅産業
 パナホームは、商社の双日グループとインドネシアにおいて戸建分譲住宅開発に着手する。現地資本と合弁会社を設置して職住近接のスマートタウン「デルタマス・シティ」(西ジャワ州ブカシ県)において、住宅供給で約1500戸、最大300億円の事業規模で2026年までをメドに実施する。マレーシ...続きを読む
大手住宅メーカー・ランキング=総販売戸数、大和ハウス首位、戸建てトップは積水ハウス
20170601-1
住宅産業新聞社が集計した大手住宅メーカー・ランキングによると、2016年度(対象10社、積水ハウスは1月期、ヤマダ・エスバイエルホームが2月期、その他が3月期)は売上高でみた順位は前年度と変化がなかった。一方、総販売戸数では前年度に続いて大和ハウス工業がトップ。戸建ては積水ハウ...続きを読む
ミサワ新中計でまちづくりと海外強化、磯貝次期社長、トヨタと連携強め
2017年05月18日01面_住宅産業新聞
 ミサワホームは12日、6月下旬に社長となる磯貝匡志副社長が就任の抱負と新中期経営計画に対する意気込みを語った。トヨタ自動車出身の磯貝副社長は、社長就任について「(創立50周年で次の50年に向け)大きな節目に、大役を引き継ぐのは身の引き締まる思い」と語り、竹中社長が始めた構造改革...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)