セキスイハイム | 住宅産業新聞 | Page 4
キーワード: セキスイハイム
セキスイハイム、室内と外構子会社合併
 積水化学工業住宅カンパニーは、室内空間を担当するグループ会社のセキスイインテリアと外構関係のセキスイエクステリアを合併し、『セキスイデザインワークス』を発足させた。インテリア・エクステリア専門組織の一元化により経営資源を統合し、相互活用することで事業の成長を目指す。  従...続きを読む
セキスイハイム、タイの住宅事業拡大へ新たな成長エリアにも
 積水化学工業住宅カンパニーは、タイの住宅事業拡大に踏み出す。バンコク首都圏における、富裕層向け個人住宅の請負受注が好調に推移していることに加え、工場の生産性向上や研修の実施に伴う施工態勢確立が図れたことによる。  工業化住宅の高い品質と性能を武器に、新たな成長エリアへの取...続きを読む
栃木ハイム、Vtoハイムのモデル開設
 栃木セキスイハイムは、電気自動車(EV)との連携システムを搭載した『グランツーユーV to Heim(ブイ・トゥ・ハイム)』のモデルハウスを、分譲地「フォレストビュー明保」(宇都宮市下荒針町)に建設し、6日にオープンする。  フォレストビュー明保は、「明保の杜」に囲まれた閑静...続きを読む
セキスイハイム、エネルギー自給自足型訴求強化へ
 積水化学工業は、下期の増収増益達成へ向けた重点施策として、新築住宅とリフォームの両事業で、エネルギー自給自足型のスマートハイム訴求を強化する。  関口俊一住宅カンパニープレジデント(取締役常務執行役員)は、「下期の市場環境は上期と大きくは変化しないとの想定の中で、スマート...続きを読む
セキスイハイム、営業マンに認定制度=スマートハウス本格普及へ
 積水化学工業住宅カンパニーは、新商品と営業マンのスキルアップという、ハードとソフト両面でのスマートハウス事業強化に乗り出した。  4月にスタートさせた社内資格となる『スマートハイム・プロスタッフ』制度で、養成した認定取得者が1千人を突破。さらに、フラッグシップモデルと位置...続きを読む
セキスイハイム=エネルギー自給提案強化へ、スマートハウス普及で
 積水化学工業住宅カンパニーは、スマートハウスの本格普及へ向けて、「エネルギーの自給自足」提案強化に乗り出す。  フラッグシップ・モデルと位置づける『スマートパワーステーション(SPS)』について、新たに狭小地や二世帯住宅への対応、賃貸住宅仕様を追加。さらに、電気自動車(E...続きを読む
セキスイハイムとJKK調査、ZEH化は消費電力削減で
 ZEH(ネット・ゼロエネルギー住宅)実現は消費電力の差が大きく、特に暖房時の省エネ行動がカギ。7割は節電意識があるが、実践が伴わない「意識と行動のギャップ」のケースも約3分の1あり、「省エネに効果的な行動」啓発が必要──。  積水化学工業住宅カンパニーと、同社グループの住...続きを読む
群馬セキスイハイム、本社屋リニューアル
 積水化学工業住宅カンパニーグループの群馬セキスイハイムは、JR前橋駅近くの本社ビル(群馬県前橋市南町)をリニューアルし、13日にオープンする。『Life style提案型総合施設』をテーマに、新築住宅からアパート土地活用、リフォーム、リガーデン、インテリアなど住まいに関するさま...続きを読む
セキスイハイム、HEMS住宅累計3万棟を突破
 積水化学工業住宅カンパニーは、独自のHEMS(家庭用エネルギー管理システム)である『スマートハイム・ナビ』搭載住宅の、7月末までの累計受注が3万1300棟となり、大台の3万棟を突破したと発表した。  2011年4月の発売開始以来、約3年半での達成となる。  クラウド...続きを読む
東京セキスイ、1年半かけて社員大工育成へ
 積水化学工業住宅カンパニーで、首都圏を担当する東京セキスイハイム(埼玉県蓮田市)は、社員大工の育成を本格化させた。  大工の高齢化やベテラン大工の引退など、将来的に大工不足が深刻化する見通しに対応したもの。生産子会社のユニット住宅工場内に「東日本施工技術センター」を設置し...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)