キーワード: 積水化学工業
積水化学住宅カンパニー、通期計画を上方修正、過去最高益の420億円に
積水化学工業の髙下貞二住宅カンパニープレジデント(取締役専務執行役員)は記者会見を行い、2013年度下半期の重点施策として(1)来期増益に向けた期初受注残の最大化(2)ポスト消費増税対応の事業体質強化――に取り組む方針を示した。  増収増益だった、住宅・住環境両事業の上半期業績...続きを読む
積水化学、「電力不安ゼロ」住宅へ、次世代住宅で方向性
 積水化学工業の髙下貞二住宅カンパニープレジデント(取締役専務執行役員)は、同社のスマートハウスの目指す方向性として、電力自給率90%以上の「電力不安ゼロの住宅」を目標とする方針を示した。  このほど商品化した、次世代ゼロエネルギー住宅『スマート・パワーステーション』は、標準で...続きを読む
セキスイハイム、積雪地仕様の企画商品、無落雪屋根や高耐久タイル外壁採用
 積水化学工業住宅カンパニーは、積雪地域専用のハイコストパフォーマンス戸建住宅商品『クレスカーサN・bjスタイル』を、北海道を除く積雪エリアで発売した。  高い基本性能と3点セット(大容量太陽光・HEMS「スマートハイム・ナビ」・蓄電池「イー・ポケット」)の搭載とともに、耐...続きを読む
積水化学がものづくりフォーラム、「サステナブル社会」テーマに
 積水化学工業は、第11回『自然に学ぶものづくりフォーラム』を、10月17日午後1時半から5時45分まで、イイノホール&カンファレンスセンター(東京都千代田区内幸町)で開催する。今回は「サステナブル社会の新たなフロンティアへ──さらなる自然の叡智を求めて」をテーマに、建築家で社団...続きを読む
セキスイハイム九州=初のスマートシティプロジェクト、「災害に強い」と「安全・安心」で
 積水化学工業住宅カンパニーグループのセキスイハイム九州は、同社のスマートハウス『進・スマートハイム』による、戸建分譲住宅事業「スマートハイムシティ・プロジェクト」の九州エリアでの本格展開をスタートさせる。「災害に強いまちづくり(減災)」と「安心・安全な街づくり(防犯)」をテーマ...続きを読む
積水化学工業住宅C=セキスイハイムM1が13年度未来技術遺産に選定登録
 積水化学工業住宅カンパニーの『セキスイハイムM1(エムワン)』が、2013年度の「重要科学技術史資料(未来技術遺産)」として選定、「同資料台帳」に登録された。同M1は、同社が1971年に発売した鉄骨ユニット住宅の第1号商品。高品質・高性能・高いコストパフォーマンスを実現し、発売...続きを読む
積水化学工業・福岡県うきは市で森林保全活動
 うきは市やうきは市森林セラピー実行委員会、公益社団法人国土緑化推進機構との間で締結した「『積水化学の森・うきは』筑後川水源の森づくり協定」に基づき、グループ従業員の環境意識啓発とふるさとの風景を守る活動として展開していく。今後5年間に22.86haで植樹と森林整備を行う予定。第...続きを読む
東京セキスイハイムの「スマートハイムシティ立川幸町」好調、キーワードは〝共助〟
 キーワードは〝共助〟──。積水化学工業住宅カンパニーグループの東京セキスイハイムが、減災指針のまちづくりの第一弾と位置づける『スマートハイムシティ立川幸町』を公開した。全53区画のうち、8月末時点で37区画が契約済み。既に12棟の建物が完工し、うち8棟が入居済み。消費税の動向が...続きを読む
積水化学・住環境研、高齢者の行動量と室温調査、居室間の温度差少ない方が時間長く
 積水化学工業の調査研究機関である住環境研究所は、独立行政法人国立長寿医療研究センターと共同で「高齢者の住まいにおける室内温度と活動量調査」を実施した。それによると、冬場において主要な部屋だけを暖房した「部分暖房群」より各居室間の温度差が少ない「フロアー暖房群」の方が、高齢者の活...続きを読む
セキスイハイム信越、飯田展示場に防犯モデル、県警との協定成果と
 積水化学工業住宅カンパニーの販売会社であるセキスイハイム信越は、飯田展示場(長野県飯田市)に2棟の「防犯モデルハウス」をオープンさせた。昨年7月の長野県警察本部と締結した「安全・安心な社会づくりに関する協定」の成果。「侵入されにくい住宅設備機器」と「狙われにくい住環境」に配慮し...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)