キーワード: 積水化学工業
セキスイハイム=エネルギー自給提案強化へ、スマートハウス普及で
 積水化学工業住宅カンパニーは、スマートハウスの本格普及へ向けて、「エネルギーの自給自足」提案強化に乗り出す。  フラッグシップ・モデルと位置づける『スマートパワーステーション(SPS)』について、新たに狭小地や二世帯住宅への対応、賃貸住宅仕様を追加。さらに、電気自動車(E...続きを読む
セキスイハイムとJKK調査、ZEH化は消費電力削減で
 ZEH(ネット・ゼロエネルギー住宅)実現は消費電力の差が大きく、特に暖房時の省エネ行動がカギ。7割は節電意識があるが、実践が伴わない「意識と行動のギャップ」のケースも約3分の1あり、「省エネに効果的な行動」啓発が必要──。  積水化学工業住宅カンパニーと、同社グループの住...続きを読む
シリーズ「住宅と消費税」=積水化学住宅C関口俊一プレジデント、反動減長期化想定以上に
 積水化学工業の関口俊一住宅カンパニープレジデントは、住宅産業新聞のインタビューに応え、消費税率8%について「駆け込み需要と反動減が起こりうると予想していたが、反動減が想定以上に長引いている」との認識を示した。また、指定日となった昨年10月だけでなく、今年4月にも受注が大幅に落ち...続きを読む
群馬セキスイハイム、本社屋リニューアル
 積水化学工業住宅カンパニーグループの群馬セキスイハイムは、JR前橋駅近くの本社ビル(群馬県前橋市南町)をリニューアルし、13日にオープンする。『Life style提案型総合施設』をテーマに、新築住宅からアパート土地活用、リフォーム、リガーデン、インテリアなど住まいに関するさま...続きを読む
セキスイハイム、HEMS住宅累計3万棟を突破
 積水化学工業住宅カンパニーは、独自のHEMS(家庭用エネルギー管理システム)である『スマートハイム・ナビ』搭載住宅の、7月末までの累計受注が3万1300棟となり、大台の3万棟を突破したと発表した。  2011年4月の発売開始以来、約3年半での達成となる。  クラウド...続きを読む
東京セキスイ、1年半かけて社員大工育成へ
 積水化学工業住宅カンパニーで、首都圏を担当する東京セキスイハイム(埼玉県蓮田市)は、社員大工の育成を本格化させた。  大工の高齢化やベテラン大工の引退など、将来的に大工不足が深刻化する見通しに対応したもの。生産子会社のユニット住宅工場内に「東日本施工技術センター」を設置し...続きを読む
茨城セキスイハイム、SPSのモデル
 積水化学工業住宅カンパニーの販売会社である茨城セキスイハイムは、スマートハウス仕様の『スマートパワーステーション(SPS)』のモデルハウス「スマートパワーステーション学園の森展示場」を、19日にオープンさせる。  大手ハウスメーカー5社が共同で開発中の分譲地「ミラリーナ研...続きを読む
住環境研が調査、実家の「空き家」期間3年超4割に
 親が存命でも増える「空き家」の実家(親家)、期間3年以上が4割超に──。  積水化学工業住宅カンパニーの調査研究機関である住環境研究所がまとめた調査結果で(1)空き家の親家を利用せずそのまま放置している人が多い(2)親家処分は簡単ではなく空き家期間が長期化(3)親存命でも...続きを読む
積水化学、新環境中期計画を策定
 積水化学工業は、2016年度までの3ヵ年を計画期間とする、グループの新環境中期計画『SEKISUI環境サスティナブルTake-off』を策定した。  「環境貢献製品の市場拡大と創出」「環境負荷の低減」「自然環境の保全」を活動項目として(1)環境貢献製品の売上高比50%以上...続きを読む
戸建住宅大手14年度受注計画、マイナス基調強く
 戸建住宅大手企業の2014年度(1月期の積水ハウスと2月期のヤマダ・エスバイエルホームを除き3月期)受注計画がまとまった。  金額を公表している7社のうちマイナス予想は4社。表に掲載しているすべての企業がプラスだった13年度実績からは様変わりとなった。プラスの3社も、大和ハウ...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)