キーワード: 育成
FPが高齢者持ち家資金化相談、国交省が補助事業で今夏メド
 国土交通省は今夏をメドに、高齢者の持ち家を資金化するための相談体制の整備や住宅資産活用の専門家の育成に着手する。相談体制の整備ではファイナンシャル・プランナー(FP)を中核に税理士・弁護士などと連携し高齢者の住宅資産活用に関する相談会・セミナーを実施、病院や介護施設などと連携し...続きを読む
三栄建築設計が「大工職育成」に着手、子会社設立し4月から
 三栄建築設計(東京都杉並区、小池信三社長)は4月1日、新設の大工職人育成を行う子会社「三栄クラフター」(東京都杉並区、千葉理恵社長)の事業を始める。  専門学校卒業生などの若い大工職未経験者を熟練大工職人が指導、将来、三栄建築設計の物件施工に携わる人材を育成する。人員募集...続きを読む
戸建住宅大手企業、富裕層への対応強める
 戸建住宅大手企業が富裕層への対応強化に乗り出した。新商品で、旭化成ホームズと大成建設ハウジングが相次ぎ〝邸宅〟仕様を発売したのに続き、住友林業も来年1月から投入する。  また、富裕層の受注増へ資格制度を活用した設計社員の育成を強める積水ハウスや大和ハウス工業をはじめ、ミサ...続きを読む
環境共棲住宅・地球の会、大工職人の育成開始
 NPO環境共棲住宅・地球の会(安成信次理事長)は11月28日、東京で新しい分科会立ち上げのキックオフ大会を開いた。  新たに立ち上げた分科会は、(1)大工・職人育成分科会(リーダー=山弘代表・三渡眞介氏)(2)地域コミュニティ分科会(同=相羽建設代表・相羽健太郎氏)(3)アー...続きを読む
LIXILビバ、17年以降にアジアへ出店
 渡邉修LIXILビバ社長は、「スーパービバホームさいたま新都心店オープン内覧会」で、国内での新店舗出店と並行して、2017年以降に東アジアやASEAN地域にホームセンターを出店する中長期の事業計画を明らかにした。  現在、市場調査を行っており、地元企業との協業の可能性などの出...続きを読む
LIXIL、リフォーム事業者団体登録で協会設立
 LIXILと、同社のフランチャイズチェーン加盟店は、国土交通省による住宅リフォーム事業者団体登録制度の創設を受け、一般社団法人住生活リフォーム推進協会(通称=ホープ)を設立した。技術・知識研修などで会員の人材育成を行い、生活者に対して、より大きな安心と信頼を提供する。  ...続きを読む
ヤマダS×L、増収益も計画未達で業務改善や人材育成強化
 ヤマダ・エスバイエルホームの松田佳紀社長は、大幅な増収ながらも計画値で未達に終わった2015年2月期第2四半期連結決算を受けて、業務改善に基づく下期以降の収益の回復へ取り組む方針を示した。  内製化率の上昇によるコストダウンと、営業力強化のための人材育成を推進。特に、消費...続きを読む
旭化成ホームズ、EcoゾウさんCLUB10周年で報告書
 旭化成ホームズは、家族の環境意識を育成することで、CO2削減を目指す会員組織「EcoゾウさんCLUB」の10年間の活動報告をまとめた。  会員全体の年間エネルギー消費量は、この10年で徐々に減少していることや、会員の7割が「この活動が省エネ行動に効果がある」と回答。省エネ...続きを読む
女性5人を含む389人が建設マスター
 国土交通省は10日、2014年度の優秀施工者国土交通大臣顕彰(建設マスター)の顕彰式典をメルパルクホール(東京都港区)で開催した。  建設マスターは、第一線で「ものづくり」に従事し、特に優秀な技術・技能を持った後進の指導・育成などに貢献した建設技能者に対して表彰するもの。...続きを読む
JBN、呼称を「全国工務店協会」に
 ジャパン・ビルダーズ・ネットワーク(JBN、青木宏之会長)は9日・10日の2日間、「JBN全国大会in神奈川2014」を開催した。  JBN関係者のほか国土交通省など関係省庁から来賓が多数出席したほか、自民党衆議院議員の小泉進次郎内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官が基調講演...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)