キーワード: ポラスグループ
ポラスのリフォーム「再新の家」が契約棟数500棟達成
2018年07月12日03面_住宅産業
 ポラスグループの「ポラスのリフォーム」が2011年に販売を開始した定価制フルリフォーム商品「再新の家」が4月、契約ベースで500棟の受注を達成するなど好調に推移している。18年3月期は金額ベースで5億8千万円(前期比34%増)を受注しており、「徐々に認知度は上がっている」(事業...続きを読む
ポラスグループが6年連続で分譲が2千棟超、商圏内で指名買い増える
 「今期は『ワンリンク西大宮』や『ボゥヴィラージュ浦和美園』といった大型分譲地における先導的なまちづくりがお客様の支持を受けて6年連続で分譲住宅の契約棟数が2千棟を超えた」と決算説明会においてポラスグループの中内晃次郎代表は二期連続の増収増益の要因を語った。...続きを読む
ポラスグループ18年3月期連結、二期連続で増収増益
 ポラスグループ(中内晃次郎代表)の2018年3月期の連結決算は、売上高1995億円(前期比3・2%増)、営業利益122億8300万円(同7・6%減)、経常利益148億3800万円(同7・3%増)、親会社に帰属する当期純利益42億9300万円(16・8%増)となり、二期連続の増収...続きを読む
中央住宅がマンションブランド立ち上げ、戸建てと連動した複合開発へ
 ポラスグループの中央住宅(埼玉県越谷市、品川典久社長)は1日、200戸以上の大規模マンションのブランド「ルピアグランデ」を立ち上げ、その第1弾としてグループ最大規模の340戸からなる「ルピアグランデ浦和美園」の第1期・50戸を16日から販売することを発表した。...続きを読む
ポラスグループ初の軽量鉄骨造賃貸、ポラスグランテックが商品化
 ポラスグループのポラスグランテック(埼玉県越谷市、中内晃次郎代表)は21日、グループ初となる軽量鉄骨造の賃貸マンションブランド「Live Harmony(ライブハーモニー)」の販売を開始した。同社では、これまで木造、重量鉄骨造、RC造で賃貸物件を展開してきたが、その中間領域とも...続きを読む
ポラスグループが録画機能付き宅配ボックス採用、戸建分譲で初の標準搭載
2018年05月24日03面_住宅産業
 ポラスグループ(埼玉県越谷市、中内晃次郎代表)は、宅配ボックスメーカーのナスタ(東京都港区、笹川順平社長)、インターホンメーカーのアイホン(名古屋市中区、市川周作社長)、電設資材商社の因幡電機産業(大阪市西区、守谷承弘社長)の4社共同によって戸建住宅初となる「自動録画機能付き宅...続きを読む
中央グリーン開発が越谷市の分譲地で植栽・防災ワークショップを開催
 ポラスグループの中央グリーン開発(埼玉県越谷市、中内景太良社長)は12日、越谷市南荻島で開発中の戸建分譲地「パレットコート北越谷フロードヴィレッジ」において、同グループのポラス暮し科学研究所とともに「植栽&防災ワークショップ」を開催した。...続きを読む
ポラスガーデンヒルズ、CLTなど独自部材使った木造新社屋完成
 ポラスグループのポラスガーデンヒルズ(千葉県松戸市、坂倉利昌社長)は2日、オリジナル部材を使用した3階建ての新社屋「ウッドガーデン」の完成見学会を開催。5日から営業を開始した。...続きを読む
ポラス暮しの科学研究所の分譲地の取り組み、居住者のライフスタイル重視
2018年02月01日03面_住宅産業
 ポラスグループのポラス暮し科学研究所(埼玉県越谷市、小見豊社長)は、グループ内における住宅の耐震性能や室内環境およびデザイン性の向上を図る研究開発を行うシンクタンク的な存在だ。住宅の内装・外装はもちろん、居住者が愛着を感じるような分譲地のブランドイメージをグループ内に提案してい...続きを読む
ポラス、戸建て用初の録画機能付き宅配ボックス、居住者の不安解消に
2018年02月01日01面_住宅産業
 埼玉県を中心に戸建住宅事業をグループ展開しているポラス(埼玉県越谷市、中内晃次郎代表)が、戸建用で国内初となる画像の撮影・動画の録画機能付の宅配ボックスシステムを実用化する。いずれも大手事業者で宅配ボックスメーカーのナスタ(東京都港区)、インターホンメーカーのアイホン(愛知県名...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)