キーワード: パナソニック
FSST中核施設オープンで、街「つくる」から「育てる」へ
 神奈川県藤沢市で進められているスマートシティプロジェクト「Fujisawaサスティナブル・スマート・タウン(FSST)」で、持続的な街の発展とコミュニティ醸成の中核を担う拠点『FujisawaSSTスクエア』がグランドオープンした。  総合情報受発信拠点として、マネジメント会...続きを読む
パナES社、HEMS接続可能機種を拡張
141127001
 パナソニックエコソリューションズ社は、HEMS(家庭用エネルギー管理システム)の機能を強化する。同社のHEMS商品「スマートHEMS」に接続する機器を現在の16機種から20機種に拡張する。照明スイッチや空気清浄機などの同社独自の機器と接続・連携してHEMSの利便性を向上、普及・...続きを読む
大手部品企業の15年3月期中間決算、8社が増収増益に
 大手部品企業の2015年3月期第2四半期(14年4~9月)の連結業績が出揃った。  各分野で決算を公表している大手19社(パナソニックはエコソリューションズ社、YKKグループはAP事業のみ集計)を住宅産業新聞社がまとめた結果、増収増益は、オーデリック、三和ホールディングス...続きを読む
パナソニックES社、スマホで操作可能な制御機能付き照明スイッチ
141115
 パナソニックエコソリューションズ社は、照明器具の点灯・消灯、調光などの制御機能を持たせた照明スイッチ「アドバンスシリーズ(リンクモデル)」を2015年1月21日に発売する。スイッチに電波の送受信機能を搭載した。  無料の専用アプリを使うことで、スマートフォンやタブレットか...続きを読む
パナソニック、業界初のLED非常用照明器具を開発
14pana
 パナソニックエコソリューションズ社は、ビルや施設用の非常用照明器具で業界で初めてLED光源を採用した「LED非常用照明器具」を開発した。  非常灯の光源は、建築基準法で白熱灯と蛍光灯のみに限られている。そこで同社は、非常灯にLED光源を搭載するため、国土交通大臣認定制度を...続きを読む
パナES社、内装改装用建材シリーズを発売
panareform
 パナソニックエコソリューションズ社は、手軽に内装リフォームができるリフォーム用製品「建材リフォームセレクション」を12月1日に発売する。  既存のドア枠の上からかぶせる枠カバー材や、既存の床材の上から貼るだけのリフォーム用床材など、最小限の工事で内装建材のリフォームが実現...続きを読む
エネファーム、発売5年目で累計10万台突破
 家庭用燃料電池「エネファーム」が2014年9月、発売開始から5年で累計販売台数10万台を突破した。  10万台突破記者発表会で、戸邉千広経済産業省資源エネルギー庁省エネルギー・新エネルギー部燃料電池推進室長は「電力やガスのシステム改革によって、業界の垣根がなくなる。エネフ...続きを読む
パナソニック、エコキュート103万台でリコール
 パナソニックは、2003年11月から13年1月までに製造した家庭用ヒートポンプ給湯器のヒートポンプユニット208機種で、事故防止のためのリコールを実施した。  対象となる台数は103万1587台で、同社が同期間中に製造したすべての製品が対象となる。...続きを読む
パナホーム、「スマート・リカちゃんキャンペーン」
 展示場や分譲地、宿泊体験モデルハウスらへの来場者を対象に、オリジナルキャラクター「スマート・リカちゃん」の人形(非売品)、リカちゃんハウス「おしゃべりスマートハウス・ゆったりさん」、パナソニック製品をプレゼントする。  9月21日までの期間中、各種イベントの会場で、所定の...続きを読む
パナES社、ゼロエネ仕様の住宅商品を開発
 パナソニックエコソリューションズ社は、ゼロエネルギー住宅「スマートエコイエゼロ」を開発した。全国約400店のパナソニックビルダーズグループ加盟店を通じて販売する。  創蓄連携HEMSなどの設備機器と、自然エネルギーを有効活用するパッシブ設計を採用。外張り断熱(フェノールフォー...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)