キーワード: パナホーム
パナホームリフォーム、中古マンションの買取再生参入、インテリックスと提携で
 パナホームリフォームは、中古マンション買取再生事業への本格参入にあたり、専門事業者のインテリックスと業務提携を行った。  インテリックスが持つ物件査定・仕入れ・販売のノウハウと、パナホームリフォームのリフォーム事業の強みを生かし、首都圏エリアにおけるビジネスを新たに展開してい...続きを読む
パナホーム「スマートシティ草津」街開き、景観に配慮した環境配慮の街づくり
 パナホームが、このほど街びらきを行った『スマートシティ草津』(滋賀県草津市)は、街全体でのネット・ゼロ・エネルギー(創エネ量と消費エネルギー量を相殺してゼロ以下にする)達成率121%で、CO±ゼロの分譲地。JR草津駅から徒歩9分という好立地に加え、草津市との地区計画により景観...続きを読む
パナホームがエネルギー自立の街づくり推進、小山健二分譲事業部長に聞く
 パナホームのスマートエナジー戦略。目指す系統電力に頼らないエネルギー自立の街づくりを推進するのが、新たに設立された「街づくり事業本部」であり、その中核機能を担う分譲事業部の小山健二事業部長(理事)に、事業の方向性を聞いた。    ◇   ◇  これまでの分譲住宅事業は、各エ...続きを読む
パナホーム藤井社長、事業本部軸に強化、新たな出口戦略取り組み
 パナホームの藤井康照社長は、今後の事業の方向性について「従来にない新たな市場、新たな出口戦略に取り組む」方針を示した。  軸となるのが10月発足の(1)戸建・資産活用(2)街づくり(3)ストック(4)海外──の4つの事業本部。「主力の戸建てや資産活用系の請負・分譲事業に加え、...続きを読む
パナホーム=木造軸組へ参入検討、一般分譲への展開も視野に
 パナホームは、木造軸組構法住宅の商品化への取り組みをスタートさせる。  東日本大震災復興へ支援策の一環で、被災地の自治体が募集する災害公営住宅の建設に応札するとともに、災害自力再生住宅向けの商品としても展開。「パナホームが提供する住宅では、被災地向けとしては価格が合わない...続きを読む
住生活月間功労者表彰の受賞者、富山市開催の住生活月間合同記念式典で表彰
 国土交通省は19日、富山県富山市で開かれた住生活月間・住生活月間中央イベント「スーパーハウジングフェアin富山」の合同記念式典において、25回目の「住生活月間功労者表彰」を行った。  国土交通大臣表彰となったのは、能登義春住宅保証機構取締役副社長や眞鍋正司パナホーム執行役員、...続きを読む
パナホーム、事業本部制を導入、権限委譲と責任明確化、意志決定迅速化も
 パナホームは、事業別の成長戦略の徹底を図るため、同社初となる事業本部制導入を柱とした組織体制の見直しを行った。  主力事業としての「新築請負事業の競争力強化」と、成長分野である「新規事業の規模拡大」を軸に、従来の担当役員制を一歩進め4つの事業本部を設定。各事業における権限の委...続きを読む
パナホームと三井不動産レジデンシャル、藤沢のスマートタウン始動、戸建て街区先行着手
 パナホームと三井不動産レジデンシャルは、神奈川県藤沢市で進められているスマートシティプロジェクト『Fujisawaサスティナブル・スマート・タウン(FSST)』において、建売分譲戸建住宅街区建設の第1期工事を先行スタートさせた。全戸が、CO2排出量±ゼロを実現する次世代型スマー...続きを読む
大手3社が浦安で戸建て分譲、11月から第1期
 トヨタホーム、パナホーム、ミサワホームの3社は、千葉県浦安市で11月から第1期の販売開始を予定する、大型戸建分譲『ジ・アイルズ』の概要を公表した。3社それぞれが特徴のあるスマートハウスを提供しながら、外構仕様などを共通化し、街区全体に統一感を持たせる。さらに、液状化対策も徹底さ...続きを読む
パナホーム、2018年に全戸建住宅をZEHへ、街全体でエネ収支「ゼロ」に
 パナホームが『スマート&エナジー戦略』強化に取り組む。2018年をメドに、同社の全戸建住宅をZEH(エネルギー収支がゼロとなる住宅)仕様にするとともに、街全体で系統(電力会社の)電力に頼らないエネルギーの自立化を確立する計画。ZEHについては、「国が定めた導入目標である20年よ...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)