キーワード: 受注
8月の大手住宅11社受注金額速報、戸建住宅と集合住宅ともにバラツキ目立つ
2017年09月21日02面_住宅産業
 8月における住宅企業11社の受注金額(速報値)は、プラスが4社、マイナスが7社と7月に続いてバラツキが目立った。戸建住宅はマイナス受注が目立つが「市況に変化はない」(大和ハウス工業)との見方が多く、また、横ばいやプラスとなったのは、単価アップや受注棟数増など要因にバラツキがみら...続きを読む
シームレスな体制構築しリフォーム受注拡大へ、YKKAPと『MADOショップ 札幌店会』が連携=TDY札幌コラボSRのYKKAPブースに『相談コーナー』常駐し対応
2017年09月07日04面_住宅産業
 大手住設メーカーと施工店がショールームで消費者ニーズにシームレスで対応する体制を整え、受注機会を拡大へ――。YKKAP(東京都千代田区、堀秀充社長)・大建工業(東京都千代田区、億田正則社長)・TOTO(福岡県北九州市、喜多村円社長)の3社が7月末に北海道で開設した『TDY札幌コ...続きを読む
トヨタホームが2千万円台の注文戸建てモデル、延床面積限定し一次取得者に訴求
2017年09月07日02面_住宅産業
 トヨタホームは1日、鉄骨ユニット工法の注文戸建住宅で2千万円前後となる戸建住宅販売40周年記念モデルの販売を開始した。2018年3月までの契約で、延床面積110平方メートル(約33坪)以下、「シンセ」シリーズに限定し、価格を抑えることで、一次取得者層の獲得を狙う。大手ハウスメー...続きを読む
17年度第1四半期における大手住宅8社の受注実績、戸建て低迷し7社がマイナス
2017年08月31日02面_住宅産業
 大手住宅企業8社の2017年度第1四半期(4―6月期、積水ハウスは2―4月期)受注実績が出揃ったが、8社中7社がマイナスと厳しい内容となっている。前年同期の伸びが大きかったパナホームで最もマイナス幅が大きく、積水ハウス、大和ハウス工業、旭化成ホームズなど軒並み減少した。戸建住宅...続きを読む
クリエイト礼文、既存加盟店の底上げに注力
2017年08月31日03面_住宅産業
 クリエイト礼文(山形県山形市、大場一夫社長)はこのほど、同社ブランドの「ユニテハウス」のフランチャイズ(FC)加盟店の情報拠点として活用するために東京・丸の内に東京オフィスを開設した。「ユニテハウス」は2008年に同社が開発した規格住宅。同ブランドのFC事業は10年9月にスター...続きを読む
東電EPとテプコ、省エネ総合サービス会社『TEPCOホームテック』設立=既存戸建て対象に省エネ機器交換事業、ZEH仕様の設計・施工の請負も
2017年08月24日04面_住宅産業
 東京電力エナジーパートナー(東京都港区、川崎敏寛社長。以下、東電EP)とエプコ(東京都墨田区、岩崎辰之社長)は9日、同日付で発足させた共同出資会社『TEPCOホームテック』(出資比率=東電EP51%、エプコ49%。東京都墨田区、岩崎辰之社長)の設立会見を行った。TEPCOホーム...続きを読む
7月の受注額速報、戸建て・集合住宅ともに受注にバラツキ
2017年08月24日02面_住宅産業
 住宅企業11社における7月の受注金額(速報値)は、前年同月と比べてプラスが6社、マイナスが5社とバラツキが目立った。プラスもマイナスも二ケタの変動幅となっており、会社による違いが大きくなっている。全体で20%増だった大和ハウス工業は戸建住宅が二ケタ減だったが、5%減の積水ハウス...続きを読む
ポラテック「MOK HOUSE」が受注増狙う
2017年08月10日03面_住宅産業
 ポラスグループのポラテック(埼玉県越谷市、中内晃次郎代表)が2014年から展開しているローコスト帯の規格型注文住宅「MOK HOUSE(モクハウス)」は、人件費を含む販促費の合理化やセミオーダー住宅とすることで、従来の注文住宅と比べローコスト化を実現している。立ち上げから3年が...続きを読む
パナホームの新空調「エアロハス」を全「カサート」に拡大、受注拡大受けて目標300棟に引き上げ
2017年08月10日02面_住宅産業
 パナホームは、新たな全館換気・空調システム「エアロハス」の導入を鉄骨制震軸組「カサート」の全シリーズへ8月から拡大した。「エアロハス」は、4月に発売したフラッグシップモデル「カサート プレミアム」に導入。温度・湿度調整と空気清浄を両方同時に行うことが可能で、今年度目標の100棟...続きを読む
住団連の7月度住宅景況感調査、低層賃貸受注は見通しもマイナス
2017年08月03日01面_住宅産業
 一般社団法人住宅生産団体連合会は7月31日、2017年7月度の「経営者の住宅景況感調査」を公表した。それによると、17年度第1四半期(4―6月)における実績の景況判断指数は、総受注戸数がマイナス38ポイント、総受注金額がマイナス29ポイントとなり、戸数で5四半期連続、金額は約3...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)