キーワード: 三井ホーム
三井ホーム、環境設計提案を注文住宅全棟に、蓄電池仕様やLCCMも
 三井ホームは、環境設計提案を注文住宅(賃貸住宅を除く)全棟に拡大する。  同社の2×4工法住宅の高い基本性能をベースに、パッシブエコとアクティブエコ及び敷地への対応を組み合わせた、高い環境性能の打ち出しを強め「環境配慮」のイメージ付けを強化。注文建築の強みである個別提案も踏ま...続きを読む
三井ホーム、OB顧客との「絆」再構築、『暮らし継がれる家』実現向け関係強化
 三井ホームが、ブランドメッセージ『暮らし継がれる家』実現へ向け、OB顧客との関係強化に乗り出した。  このほど新設した「オーナーサポート室」に、顧客情報の受け手と発信機能を一元化するとともに、サービス品質の向上と均質化につなげる。同社が供給した「約20万軒の住宅オーナーとの絆...続きを読む
三井ホーム、初の耐火木造4階建て、「木のまち」採択事業実棟化
 三井ホーム初となる、ツー・バイ・フォー木造耐火構造による4階建て戸建住宅が完成した。  国土交通省が実施した、平成22年度「木のまち整備事業」に採択されたプロジェクトの実棟化。Iジョイスト(I型複合梁)による耐火構造床や「建て起こし工法」など新たな提案を組み込んだ。「防火地域...続きを読む
三井ホーム、エコ・アクションプラン2016、全使用木を認証材に
 三井ホームの環境中期計画「エコ・アクションプラン2016」の概要が明らかとなった。  それによると、最終年度である2016年度における中期目標として、同社が使用する木材すべてを森林認証材(11年度80%)とするほか、住宅の「ライフサイクル(LC)ゼロエミッション化達成率100...続きを読む
三井ホーム、同社初の4階建てモデル、店舗併用の二世帯プラン
 三井ホームは、同社初の4階建て住宅モデルハウスを、練馬ICハウジングギャラリー(東京都練馬区谷原)にオープンさせた。木造耐火4階建てのフリー商品『マルティス・フォー』を使用。店舗併用の二世帯住宅プランをリアルに体感できるモデルハウスとして活用していく。  モデルハウスは、1階...続きを読む
三井ホーム、環境技術結集しモデルハウスに、快適な普通の暮らしも
 三井ホームの環境技術を結集した戸建住宅『グリーンズ』のモデルハウス「横浜第3モデルハウス」(横浜市西区西平沼橋、TVKハウジングプラザ横浜内)がオープンした。  蓄電システムの実証実験を含め、最新の創・省エネルギーシステムを導入しながらも、プランニングに緑・風・太陽を生かすエ...続きを読む
東西で定額制リフォーム=ミサワとS×L、木造戸建住宅対象に
 東西で、大手住宅企業による木造戸建住宅の定額制リフォーム商品の発売が相次いだ。 東はミサワホームグループのミサワホームイングで、木造戸建住宅向けの『ルルム』を首都圏の1都5県の限定で発売。 一方の西はエス・バイ・エルが、1棟まるごと対応の『リフォームすっきり君』を、近畿...続きを読む
震災後の供給、前年割れ懸念の声も=団体総会後の会見で各社発言
 (社)日本ツーバイフォー建築協会と(社)日本木造住宅産業協会は5月下旬、相次ぎ通常総会を行い、その後の記者会見で出席した両協会の幹部役員が東日本大震災後の自社の営業状態と通期見通しなどを説明した。前年並みとの声のほか、前年割れ懸念も出るなどエリアと事業内容で影響に違いが出ている...続きを読む
三井ホーム、壁倍率約10倍の新建築構法「Gウォール」を開発
 三井ホームは、ツーバイフォー工法の構造躯体を進化させた新建築構法『Gウォール構法』を開発した。高強度耐力壁と特殊ネジを組み合わせることで、従来の2倍以上の強さを発揮する。  このほど、(財)日本住宅・木材技術センターの「木造住宅新工法性能認証」を取得した。今後、大断面集成材(...続きを読む
ツーバイフォー協会次期会長、三井ホーム社長の生江氏に
 社団法人日本ツーバイフォー建築協会は25日開催の第35回通常総会後の理事会で、6月1日から始まる同協会第19期役員の会長職に、現三井ホーム社長の生江隆之氏を選出した。任期は平成25年5月末までの2年。 ...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)