キーワード: 三井ホーム
三井ホーム、30歳代一次取得向けに「カフェ・プラス」、企画型注文住宅強化
三井ホームは、30歳代の一次取得層を対象にした、企画型の戸建注文住宅『cafe+(カフェ・プラス)』を、沖縄を除く全国で発売した。友人を招いたり家族が集える小スペースを「カフェ」と称し、5つのスタイルを用意し基本プランへのプラスを提案する。  「カフェ」は(1)ウェルカム・カフ...続きを読む
三井ホーム、量的拡大へ「転換」、30歳代向け浸透強化で
 三井ホームは、都市近郊の30歳代向けの需要開拓に取り組む。  一次取得層向けとして、企画型の注文住宅『cafe+(カフェ・プラス)』を投入。既存の企画商品『バーリオ』でカバーしきれない、こだわりのある層をターゲットにしたものだ。「得意分野のフリープランが中心となる50歳代に加...続きを読む
三井ホーム新社長に市川三井不動産常務内定
 三井ホームは取締役会を開き、市川俊英三井不動産常務(常務執行役員)の社長就任を内定した。  6月下旬開催予定の株主総会後の取締役会で決定する。市川氏は4月1日付けで同社顧問に就任予定で、生江社長は退任する。社長交代について同社では「さらなる収益力の拡大を目指し経営体制の一層の...続きを読む
三井ホームの環境中計、「概ね達成」と評価、メンテなど一部には未達も
 三井ホームは、環境中期計画「エコ・アクションプラン2016」の初年度としての実績をまとめた。  それによると、輸入構造用木材(ランバー)の森林認証率90%(11年度目標80%)をはじめ「資源調達」やリサイクルなどの「資源の有効活用」といった項目については「概ね達成できており良...続きを読む
三井ホーム、二世帯住宅を強化、女性誌とコラボで30歳代女性層取り込み狙う
 三井ホームが、二世帯住宅を強化する。光文社の女性誌「VERY(ヴェリィ)」との同社のコラボレーション企画で、自由設計の2×4工法二世帯3世代住宅『ツインファミリーiii(トロワ)』を商品化。ライフスタイルの異なる二世帯が、気兼ねなく暮らせるプランを盛り込んでおり、現行の同社の需...続きを読む
三井ホーム・テクニカルステーション東京、2×4の最新技術拠点に、「快適」と「安心」触れて実感
 三井ホームが、同社2×4住宅技術の提案拠点と位置づける『テクニカルステーション東京』(東京都世田谷区)。約450平方メートルのスペースを、4つのゾーンに分類して「カタログだけではわかりづらい”安心”と”快適”を触って実感できる場」(同社)と位置づけている。  ゾーン1は「人や...続きを読む
三井ホーム生江社長が下期事業方針、ブランドメッセージ「暮らし継がれる家」浸透など3本柱で
 三井ホームの生江隆之社長は記者会見を行い、2012年度下期の事業方針を明らかにした。  中長期経営計画『木造イノベーション2017』スタート年として、その実現へ向けての主な取り組みと位置づける。具体的には(1)ブランドメッセージ「暮らし継がれる家」のより幅広い層への浸透(2)...続きを読む
三井ホームがスマート2×4の旗艦モデル「グリーンズⅡ」発売
 三井ホームは、環境型戸建住宅商品「スマート2×4」のフラッグシップ(旗艦)提案『Green’s(グリーンズ)Ⅱ』を商品化した。  昨年4月発売の『グリーンズ』の環境性能を一歩進めたもの。最新のエネルギー制御機器・システム導入で〝光熱費ゼロ〟を実現しつつ、「住む人の心地よさと快...続きを読む
三井ホーム、次世代2×4実証へ、実験住宅「MIDEAS」
 三井ホームは、”次世代スマート2×4”実証のための実験住宅『MIDEAS(ミディアス)』を、柏の葉キャンパスエリア(千葉県柏市)に完成させた。  実験の目的は(1)オリジナルパッシブ環境技術の検証(2)エネルギー・スマート技術の最適化(3)柏の葉スマートシティAEMS(エリア...続きを読む
三井ホーム、回廊のある中庭から自然の恵み生かす「フィルコート」発売
 三井ホームは、フリー設計の2×4注文戸建住宅『フィルコート』を、7日から発売する。  環境性能とともに外観デザインやライフスタイルにこだわりのある幅広い世代がターゲット。自然の恵みを生かしエネルギー使用を節約する「パッシブエコ」設計に基づき、コリドール(回廊)に囲まれた中...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)