キーワード: 三井ホーム
三井ホームが新環境ビジョン、16年度までの中期計画も、木資源活用など重点に
 三井ホームは、グループ環境ビジョンの環境基本理念と環境方針を見直すとともに、これに基づく環境中期計画「エコ・アクションプラン2016」の骨子をまとめた。  新環境基本理念は〝『木の家、暮らしデザイン』宣言〟とし、その上で(1)木資源の活用(2)環境性能・価値の創出(3)住まい...続きを読む
三井ホームが新環境ビジョン、16年度までの中期計画も、木資源活用など重点に
 三井ホームは、グループ環境ビジョンの環境基本理念と環境方針を見直すとともに、これに基づく環境中期計画「エコ・アクションプラン2016」の骨子をまとめた。  新環境基本理念は〝『木の家、暮らしデザイン』宣言〟とし、その上で(1)木資源の活用(2)環境性能・価値の創出(3)住まい...続きを読む
三井ホームが大規模特養市場に参入、PJで作業に着手
 三井ホーム(本社=東京都新宿区)の生江隆之社長は3日に行った記者懇親会の中で、メーンの専用住宅分野の展開に加え、新たに特別養護老人ホームや医療系施設などの非専用住宅分野で、展開を強める意向を表明した。今年度事業方針の方向性を具体的に述べたもの。大規模で耐火が要件となる特別養護老...続きを読む
三井ホーム、初の木造耐火4階建てを発売
 三井ホームは、同社初の木造耐火4階建て住宅『MULTIS-4(マルティス・フォー)』を開発し、17日から沖縄を除く全国で発売する。柱や梁が出ないツーバイフォー工法の特性を生かし、空間の有効活用や敷地に合わせた柔軟な設計が可能。2世帯住宅のほか店舗併用や賃貸併用など、都市部の建替...続きを読む
11月17日から、有明でインテリアフェスティバル
 社団法人インテリア産業協会は11月17日から19日の3日間、東京・有明の東京ビッグサイト西館で「インテリアフェスティバル2010」を開催する。  今回は「住まいは楽しい」がテーマ。住宅メーカーを中心に、インテリアコーディネーターとインテリア企業とのコラボレーションによる新たな...続きを読む
7月の大手住宅受注堅調さを維持、8社中6社がプラスに
 7月の大手住宅企業8社の受注実績(速報値)によると、6社が前年同月比プラスを計上するなど、第1四半期に続き好調な動きとなった。うち、旭化成ホームズと積水ハウス、ミサワホームの3社は二ケタ増。住友林業と三井ホームは、6月のマイナスからプラスに転じた。  ただ「7月は、受注の絶対...続きを読む
2009年度大手住宅メーカーランキング、7社が営業利益率向上、10社すべてが減収に
 2009年度の大手住宅メーカー10社の業績は、住宅着工など厳しい市況を反映して、すべての企業で減収となった。ただ、期初計画値を発表していた9社のうち、大和ハウス工業とパナホームについてはマイナス幅が縮小。営業利益ベースでも、減益見込みから増益に転じた旭化成ホームズとミサワホーム...続きを読む
三井ホーム、女性視点での住宅提案を開始
 三井ホームは、女性視点での住宅提案をスタートさせた。このほど、外観デザインや収納・動線計画などに、女性の開発チームを配置。その成果として、フリー設計の注文住宅『chou chou(シュシュ)』を23日から商品化する。創業35周年のブランドメッセージ“暮らし継がれる家”の第2弾と...続きを読む
大手住宅、2010年2月受注、まだら模様も底打ち感
 2010年2月単月の戸建住宅大手企業の受注(速報値)は、前年同月比二ケタアップが半数を占め、3月期企業の最大受注期である3月を前に、おおむね好調な展開となった。大手8社(積水ハウス、大和ハウス、積水化学、ミサワホーム、住友林業、旭化成ホームズ、パナホーム、三井ホーム)のうち、前...続きを読む
三井ホーム、グループのリフォーム事業再構築
 三井ホームが、グループのリフォーム事業の再構築に乗り出す。4月1日付で、専門子会社である三井ホームリモデリングから、オーナー(OB客)分の工事を本体に移管する。受け皿として、各地域本部に「リフォームセンター」を新設している。  三井ホームが新築からメンテナンス・リフォームまで...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)