キーワード: 三井ホーム
ツーバイフォー協会次期会長、三井ホーム社長の生江氏に
 社団法人日本ツーバイフォー建築協会は25日開催の第35回通常総会後の理事会で、6月1日から始まる同協会第19期役員の会長職に、現三井ホーム社長の生江隆之氏を選出した。任期は平成25年5月末までの2年。 ...続きを読む
二世帯住宅で建替需要掘り起こしへ、世代を超えた住み継ぎも
 二世帯住宅による建替需要掘り起こしへ向けての取り組みが強まる。  積水化学工業住宅カンパニーが1日発売した『3世代ハイムかげやまモデル』は、祖父母とその子世代が協力して孫世代を育てる提案。旭化成ホームズが昨年商品化した『イコイ』と方向性を同じくする。同様に、都市部の狭小敷地の...続きを読む
2010年度第3四半期住宅受注、戸建住宅など公表7社すべてプラスに
 大手住宅企業2010年度第3四半期(10年10月~12月)の住宅受注実績は、戸建住宅及び低層賃貸住宅分野について、数字を公表している7社すべてで前年同期比プラスとなった。  特に、戸建ての注文住宅は金額が棟数の伸びを上回ったところが多く、棟単価の上昇が見込まれている。旭化成ホ...続きを読む
三井ホームがグループ営業体制を再編、部資材3社も合併一元化
 三井ホームが、グループの製販体制を再編する。4月1日付で9県の営業所・モデルハウスを廃止するとともに、三大都市圏及びそれに準じるエリアに経営資源を集中させる。これにより、同社の営業所網は32都道府県に集約することとなった。また、連結子会社である部資材供給会社3社も、同日付で合併...続きを読む
三井ホーム、全国2番目の地域密着特養、2×4耐火建築のモデルに石こうボードで全体被覆
 全国2例目となるツーバイフォー工法による地域密着型特別養護老人ホーム(介護福祉施設)『成田の里(仮称)』(宮城県黒川郡富谷町)の建設が、3月の竣工へ向け急ピッチで進む。社会福祉法人東松島福祉会(宮城県)を建築主に、三井ホームが施工を担当するもの。同社では、寒冷地における同工法に...続きを読む
三井ホームが新環境ビジョン、16年度までの中期計画も、木資源活用など重点に
 三井ホームは、グループ環境ビジョンの環境基本理念と環境方針を見直すとともに、これに基づく環境中期計画「エコ・アクションプラン2016」の骨子をまとめた。  新環境基本理念は〝『木の家、暮らしデザイン』宣言〟とし、その上で(1)木資源の活用(2)環境性能・価値の創出(3)住まい...続きを読む
三井ホームが新環境ビジョン、16年度までの中期計画も、木資源活用など重点に
 三井ホームは、グループ環境ビジョンの環境基本理念と環境方針を見直すとともに、これに基づく環境中期計画「エコ・アクションプラン2016」の骨子をまとめた。  新環境基本理念は〝『木の家、暮らしデザイン』宣言〟とし、その上で(1)木資源の活用(2)環境性能・価値の創出(3)住まい...続きを読む
三井ホームが大規模特養市場に参入、PJで作業に着手
 三井ホーム(本社=東京都新宿区)の生江隆之社長は3日に行った記者懇親会の中で、メーンの専用住宅分野の展開に加え、新たに特別養護老人ホームや医療系施設などの非専用住宅分野で、展開を強める意向を表明した。今年度事業方針の方向性を具体的に述べたもの。大規模で耐火が要件となる特別養護老...続きを読む
三井ホーム、初の木造耐火4階建てを発売
 三井ホームは、同社初の木造耐火4階建て住宅『MULTIS-4(マルティス・フォー)』を開発し、17日から沖縄を除く全国で発売する。柱や梁が出ないツーバイフォー工法の特性を生かし、空間の有効活用や敷地に合わせた柔軟な設計が可能。2世帯住宅のほか店舗併用や賃貸併用など、都市部の建替...続きを読む
11月17日から、有明でインテリアフェスティバル
 社団法人インテリア産業協会は11月17日から19日の3日間、東京・有明の東京ビッグサイト西館で「インテリアフェスティバル2010」を開催する。  今回は「住まいは楽しい」がテーマ。住宅メーカーを中心に、インテリアコーディネーターとインテリア企業とのコラボレーションによる新たな...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)