キーワード: 三井不動産
「テレワーク・デイ」住宅業界も参加、オフィス以外で通常業務
2017年07月27日02面_住宅産業
 総務省や国土交通省、経済産業省などが連携し、住宅メーカーや不動産会社、住設企業なども参加して24日に行われた「テレワーク・デイ」。2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催期間中の交通混雑の回避を目的とした働き方改革の取り組みの一環で、同日始業から午前10時半までの間に在...続きを読む
不動産流通6社が売却ポータルサイト開設
2016年10月13日06面_住宅産業
 不動産流通6社(小田急不動産、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三井不動産リアルティ、三菱地所ハウスネット)は不動産売却ポータルサイト「すまいValue」を7日に公開した。不動産売却に特化したサイトで、6社が売却可能額を無料で査定する。売却希望者は、一度の...続きを読む
三井不動産リアルティ、既存住宅の建物・設備チェックと補修サービス導入
 三井不動産リアルティは、21日から仲介する既存住宅の建物や設備チェックや修理、緊急時の駆けつけなどのサービスを提供する「三井のリハウス360°サポート」の提供を開始する。建物チェックは雨漏りやシロアリ被害などで4つの瑕疵(かし)に対応し、引渡後2年間、最大250万円の修繕費用を...続きを読む
三井不動産リアルティ、「三井のリハウス」のブランドロゴを9年ぶり刷新
リハウスロゴ
 住宅・不動産仲介を手がける三井不動産リアルティは7日、同社のブランド「三井のリハウス」のロゴを9年ぶりに刷新する。ロゴの大幅な変更は、1981年のブランド導入以来初めて。政府の既存住宅流通活性化の方針を受けて、住宅・不動産仲介の役割がより重要視されてきていることから、ブランドロ...続きを読む
住んでみたい街ランキング、首都圏トップに初の「恵比寿」
 マンション購入を考える人が住んでみたい街のトップは首都圏で「恵比寿」となり、調査開始以来初の首位となった。7年連続トップだった「吉祥寺」が2位に後退。一方、関西圏はトップが「芦屋」で2005年の調査開始以来、首位を続けている。マンション1部屋をプレゼントされるなら住んでみたい街...続きを読む
三井不動産、監視映像データ活用事業に参入
 三井不動産は、監視映像データの活用事業に参入する。高画質な映像データ分析を低コストで行うことが可能な監視カメラ・システムを展開するクリューシステムズへの出資によるもの。三井不動産は、クリュー社が独自開発した、映像クラウド技術による映像ソリューション『SeeIT(シーイット)』を...続きを読む
東京地裁の浦安液状化訴訟、住民側が敗訴
 取得している低層分譲住宅が東日本大震災に起因する液状化現象の発生により被害を受けた千葉県浦安市の住民36人が原告となり、三井不動産および三井不動産レジデンシャルを相手取り、総額8億4千万円以上の損害賠償請求を行っていた集団訴訟で東京地方裁判所は8日、原告側の請求を棄却する判決を...続きを読む
住みたい街トップ「吉祥寺」と「西宮」、メジャー7のマンショントレンド調査
 マンション購入を考える人が住んでみたい街のトップは首都圏が「吉祥寺」、関西圏が「西宮」だった。首都圏は7年連続で「吉祥寺」、関西圏は2年連続で首位だった。  新築マンションポータルサイト「MAJOR7」(住友不動産、大京、東急不動産、東京建物、野村不動産、三井不動産レジデ...続きを読む
三井不・三菱地所がバンコクで超高層マンション
 日本の大手デベロッパーによる、タイ・バンコクでの大規模集合住宅開発プロジェクトが活発化してきた。  三菱地所レジデンスは、現地のデベロッパーであるAP社とのプロジェクト「aspire Sathorn-Thapra」(総戸数1219戸)の販売を開始。また、三井不動産と三井不...続きを読む
三井不動産G4社、福岡で住宅フェア
 三井不動産や三井ホームなどグループ4社は、エルガーラホール福岡天神(福岡市中央区天神)8階中ホールで『三井のすまいモールすまいとくらしのフェア』を、10月5日に開催する。  同フェアは、住宅の購入・売却・賃貸、建築、建て替え、リフォームや不動産の有効活用を検討している層に...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)