キーワード: ミサワホーム
ミサワホーム、コビーと子育て研究で新会社
 ミサワホームは、認可保育園などを運営するコビーアンドアソシエイツと共同で、新会社「子ども子育て総合研究所」を設立した。  安全・安心で快適な子育て環境を設計するハード面と、子どもと親の視点に沿ったサービスを提供するソフト面を融合。より効率的で多角的に、保育や教育、食育、住...続きを読む
ミサワオーナーの森釧路町、地域の憩いの場に
 前日までの霧から一転、多少雲は残るもののさわやかな初夏の気候の中で、『ミサワオーナーの森 釧路町』(北海道釧路郡釧路町)の植樹祭が、14日(土)に開催された。  主催は、ミサワホームグループのミサワホーム北海道。森林環境保全や地域貢献の一環として実施するもので、2012年...続きを読む
ミサワホームイング、埼玉の大規模PV施設稼働
 ミサワホームイングが設置した太陽光発電(PV)設備『ソーラーパーク下栢間(しもかやま)』(埼玉県久喜市菖蒲町=写真)が稼働した。  発電容量は918キロワットで、年間の発電量は96万3千キロワット時の見込み。一般家庭の280世帯分の電力消費がまかなえる計算だ。...続きを読む
戸建住宅大手、制震構造へ取り組み強める
 戸建住宅大手企業の制震化への取り組みが強まってきた。  東日本大震災以降繰り返し起こる余震から、建物を守る「耐震」だけでなく、揺れを抑えて建物内部の被害を低減する「制震」が求められているとの認識による。  旭化成ホームズが新開発のオイルダンパー制震装置『サイレス』で...続きを読む
ミサワ、相続テーマに営業マン向け研修順次開催へ
 ミサワホームは、資産活用や戸建住宅の営業マンを対象にした『資産活用営業実務スキルアップ研修』を、エリア単位で順次開催していく。  一般社団法人相続マイスター協会と連携し、同協会が運用する「相続マイスターAdvanced」資格取得を促進する。第1弾で、7月までに首都圏の社員...続きを読む
長住協が通常総会、新会長に平田ミサワホーム専務
 長期使用住宅部材標準化推進協議会(長住協=CjK)は通常総会を開催し、2013年度の活動実績と今後2年間で目指す、CjK部材標準化50品目と会員企業数75社の目標を公表した。  また、早野均会長(住友林業代表取締役副社長執行役員)の任期満了に伴い、平田俊次ミサワホーム代表...続きを読む
ミサワホーム、事業用太陽光で3工場に新設全7ヵ所に
 ミサワホームは、グループの事業用の太陽光発電(PV)設備を拡充する。  新たに岡山工場(岡山県備前市)と名古屋工場(愛知県江南市)、梓川工場(長野県松本市)の3ヵ所に設置。さらに、既設の福岡工場(福岡県鞍手郡)に増設し、全量で約3・6メガワットが加わる。設計・施工及び運営は、...続きを読む
ミサワホーム、PV電力固定価格買い取り価格に上乗せ
 ミサワホームは、上乗せ価格で電力を買い取る新サービスをスタートさせた。  10キロワット超の太陽光発電(PV)システムを搭載した同社の戸建住宅、及び賃貸住宅を建築して、固定価格買取制度の全量売電方式を選択する施主向けとなる。対象エリアは、北陸・沖縄の両電力管内を除く全国。既に...続きを読む
浦安の3社共同分譲地にスマート集会所完成
 トヨタホームとパナホーム、ミサワホームの3社は、共同で開発を進めているスマートハウス分譲地『ジ・アイルズ』(千葉県浦安市)に、自立型スマート自治会集会所を完成させた。  太陽光発電(PV)システムなどスマートハウスとしての機能を備え、通常はイベントなどコミュニティーの交流に活...続きを読む
ミサワホーム竹中社長、新中計で「今後3年で収益多角化本腰」
 ミサワホームの竹中宣雄社長は、今期スタートした新中期経営計画に関連して「今後3年間で、収益源の多角化に取り組む」方針を示した。  戸建住宅を軸とした、住宅循環システム『住まいるりんぐシステム』に、新たに資産活用事業を加え、事業領域を「住生活全般」に拡大させる。将来的な新築戸建...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)