キーワード: 経済産業省
経産省、太陽光導入補助打ち切りへ、年度末で受付終了
 経済産業省はこのほど、住宅用太陽光発電導入支援補助金の受け付けを2014年3月末で終了すると発表した。  申込期間中でも申込総額が予算残額を超えた場合、受け付けを打ち切る。同省は14年度予算概算要求で継続に必要な要求をしておらず、年末に決める予算要求に盛り込まれなければ今年度...続きを読む
ミサワホーム、電力小売り事業に参入、自由化視野にノウハウ蓄積
 ミサワホームは、住宅産業界で初めて電力小売り事業をスタートさせる。  このほど、経済産業省に「特定規模電気事業者」の届出を行ったことによるもので、自社施設屋根の太陽光発電システムで発電した電力を利用する。当面は、自社グループの地域ディーラー(販売施工会社)向けの供給となるが、...続きを読む
ミサワホームの新構法「FWS」、新設Gマーク特別賞に
 ミサワホームの新構法「FWS(フューチャー・ウッド・システム)」が、2013年度グッドデザイン賞特別賞の『グッドデザイン・未来づくりデザイン賞(経済産業省商務情報政策局長賞)』を受賞した。  同賞は今年度新設の賞で、グループのミサワホーム総合研究所との共同受賞となっている。 ...続きを読む
住友林業G、茨城県鹿嶋市に太陽光施設、パネル架台1部に国産材
 住友林業は、自社所有遊休地(茨城県鹿嶋市)に建設を進めていた太陽光発電施設『住友林業鹿島ソーラー発電所』を稼働させた。  発電容量は876キロワットで、90万キロワット時の年間発電量となる見通し。経済産業省の「再生エネルギー固定買取制度」の設備認定を利用した、同社初の施設とな...続きを読む
ALIA=第2回住宅部品点検の日シンポを開催、「あたりまえ化」を推進
 一般社団法人リビングアメニティ協会(東京都千代田区、内藤弘康会長、以下ALIA)は、10日の「住宅部品点検の日」制定を記念する第2回「住宅部品点検の日シンポジウム」(後援=国土交通省、経済産業省、消費者庁)を開催した。  森本潤ALIA住宅部品点検推進部会長は、住宅部品点検活...続きを読む
2014年度予算概算要求=高性能建材・窓など導入支援、経済産業省
 経済産業省がまとめた2014年度予算概算要求で、住宅・ビルのネット・ゼロ・エネルギー化を推進するための補助事業として、今年度より42億円多い約152億円を要求した。高性能設備機器の導入支援や既存住宅・建築物の断熱性能向上を図るために高性能な断熱材や窓の導入や、空調設備や給湯設備...続きを読む
3月終了の国内クレジット実績、戸建住宅企業は期初計画値に届かず=「仕組み複雑で手間」と
 今年3月で終了した「国内クレジット制度」(経済産業省など)だが、住宅業界にとって当初の期待ほどの成果にはつながらなかったようだ。同制度は、太陽光発電や高効率給湯器によるCO排出削減量を、クレジット(排出権)化して売却し収益化するもので、収益を環境貢献に役立てるのが狙い。地球温...続きを読む
経産省・1戸あたり最大150万円の高断熱改修補助、8月1日から公募
 経済産業省は8月1日、住宅の断熱性能を高めるリフォームに対して1戸あたり最大150万円を補助する「平成25年度既築住宅における高性能建材導入促進事業」の募集を開始する。補助対象となるのは、材料費と工事費。一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)が指定する性能が高い窓やガラス、...続きを読む
住宅における新省エネ基準で、簡易計算方法案と仕様規定案を提示
 国土交通省、経済産業省、環境省は12日、10月に実施を予定している住宅における新たな省エネルギー基準(新省エネ基準)に対応した簡易計算法案と仕様規定案を示した。同日の3省の合同会議で提示。新省エネ基準では、住宅の省エネ性能を一次エネルギー消費量(家庭用エネルギーを熱量換算した値...続きを読む
キッチン・バス工業会主催「台所・お風呂の川柳」、経産省と国交省が後援
 キッチン・バス工業会が主催する「第9回台所・お風呂の川柳」が経済産業省と国土交通省の後援事業となった。  これを受け、特別賞を新設するなど、コンテストの充実を図った。川柳コンテストを通じて、台所やお風呂を中心とした伝統ある住文化をみんなで考える機会を創出し、家族の絆を強め、豊...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)