キーワード: 住宅生産団体連合会
住団連12年度第3回業況調査、プラス基調続く、受注金額3四半期連続で
 (社)住宅生産団体連合会は『2012年度第3回住宅業況調査』をまとめた。それによると、12年7月~9月の受注実績は、「戸建注文住宅」と「低層賃貸住宅」ともに、同4月~6月実績に対し二ケタのプラスポイントとなった。  戸建注文は総受注金額で3四半期連続のプラスとなったほか、棟数...続きを読む
住団連12年度第2四半期景況感、受注戸数・金額ともプラス
 (社)住宅生産団体連合会がまとめた『経営者の住宅景況感調査(10月度)』によると、2012年度第2四半期(7月~9月)の景況判断指数は、前年同期に対し受注戸数でプラス50ポイント、金額でプラス61ポイントとなった。  戸数は6四半期連続、金額では11四半期連続でプラス。部門別...続きを読む
住団連が戸建注文顧客調査、固定金利選択10ポイント低下
 (社)住宅生産団体連合会がまとめた『2011年度戸建注文住宅の顧客実態調査』によると、前年度に対し住宅ローン金利タイプで「全期間固定金利」が10ポイント以上低下するとともに、「変動金利」が大幅に上昇したことがわかった。  フラット35Sの1%金利引き下げ措置の終了が影響したも...続きを読む
住団連業況調査、4~6月受注、金額プラスに、来場者や引き合い減には懸念も
 2012年4月~6月の「戸建注文住宅」と「低層賃貸住宅」の受注実績は、前四半期(1月~3月)に対し戸建注文の戸数がマイナスとなったほかはプラスだった。(社)住宅生産団体連合会がまとめた2012年度第2回『住宅業況調査』の結果で、顧客の購買意欲や賃貸経営者のマインドには上昇基調に...続きを読む
住団連景況感、12年度第1四半期受注金額10四半期連続プラス
 (社)住宅生産団体連合会がまとめた『経営者の住宅景況感調査(7月度)』によると、2012年度第1四半期(12年4月~6月)の指数は、総受注戸数でプラス19ポイント、金額でプラス22ポイントとなった。  戸建注文住宅を除き二ケタアップ。受注戸数は5四半期連続、金額は10四半期連...続きを読む
住宅エコポイント予約終了で、業界の反応意外に冷静に
 復興支援・住宅エコポイントが、4日午前9時で予約受付終了となった。当初の予定より早期の打ち切りとなったが、これに対する戸建住宅業界からの反応は、意外に冷静なものとなっている。  おおむね「住宅受注に影響が大きい」や「次期補正などでの復活に期待する」と、その効果を評価する声があ...続きを読む
住団連・樋口会長、住宅消費税で「5%超分の還元・給付」を要望
 (社)住宅生産団体連合会は、『住宅に係る消費税の負担軽減の具体化についての要望』をまとめた。住宅の取得時に施主が支払う消費税に関して、5%を超える部分については、還付または給付として施主に還元するよう求めたものだ。通常総会後の正副会長による記者会見で、樋口武男会長(大和ハウス工...続きを読む
住団連2012年1~3月業況、棟数・金額ともプラス、展示場来場者も増加基調に
 (社)住宅生産団体連合会は『2012年度第1回住宅業況調査』をまとめた。それによると、12年1~3月の受注実績は前回(11年10月~12月=以下同)実績に対し「戸建注文住宅」・「低層賃貸住宅」ともに、受注棟(戸)数・金額ともにプラスとなった。戸建てでは、建替率の低下がみられたも...続きを読む
住団連11年度第4四半期景況感、戸数・金額ともプラス、注文住宅や賃貸堅調に
 一般社団法人住宅生産団体連合会がまとめた『経営者の住宅景況感調査』によると、2011年度第4四半期(12年1~3月)の景況判断指数は、総受注戸数がプラス29ポイント、総受注金額がプラス46ポイントとなった。  受注戸数は4四半期、金額が9四半期連続のプラス。戸建分譲住宅がマイ...続きを読む
住団連・11年度第3四半期業況調査、注文戸建・低層賃貸とも悪化
 (社)住宅生産団体連合会は「2012年1月度住宅業況調査」結果を公表した。それによると、11年度第3四半期(11年10月~12月)の受注実績は、前四半期(同7月~9月)と比べ戸建注文住宅・低層賃貸住宅ともに、棟・戸数ベースでマイナスに転じた。ただ、低層賃貸はわずかなマイナスにと...続きを読む

最近の記事一覧

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)