キーワード: 住宅生産団体連合会
住団連1月度景況感、受注戸数5四半期連続プラスに
 (社)住宅生産団体連合会の「低層住宅に関する『経営者の住宅景況感調査』(1月度)」によると、2010年度第3四半期(10年10月~12月)は、前年同期比で総受注戸数プラス29ポイント、金額同プラス54ポイントとなったことがわかった。  戸数は5期(四半期、以下同)連続、金額も...続きを読む
住団連・正副会長が会見、抜本的な景気対策要望、一層の住宅市場回復へ向け
 (社)住宅生産団体連合会(住団連)は1月28日、正副会長による記者会見を行い、「住宅は内需の柱」との認識を示した上で、一層の住宅市場の回復へ向けた抜本的な景気対策の実施を、住宅産業界をあげて求めていく方針を明らかにした。  贈与税の非課税枠の拡大や住宅版エコポイント制度の措置...続きを読む
住団連・10年度第3回業況調査、3期連続でプラス
 (社)住宅生産団体連合会がまとめた、2010年度第3回「住宅業況調査」によると、10年7~9月の『戸建注文住宅』受注実績は前期(4~6月)実績に対し棟数でプラス22、金額でプラス6となった。  棟数・金額ともに3期連続の伸びだが、建替率や顧客動向には懸念も出ている。一方、低層...続きを読む
戸建注文住宅、30歳代率過去最高に
 (社)住宅生産団体連合会が27日公表した「2009年度戸建注文住宅の顧客実態調査」によると、世帯主の年齢構成で30歳代の割合が47・8%と過去最高を記録した。  これを受けて「土地購入・新築」が増加するとともに、建替率が3割を割っている。年収の低下や借入金の年収倍率上昇もみら...続きを読む
住団連、「家やまちの絵本」コンクールで作品募集
  (社)住宅生産団体連合会は、「家やまちの絵本」コンクールで作品募集を開始する。幼少期から住まいやまち、家族などに関心を持ってもらうことに期待して、そのキッカケ作りとする。さらに、小中学生に対する総合学習や道徳教育としての教育効果の高まりにもつなげる。  募集は①子供の部(小...続きを読む
住団連樋口会長、「消費税率アップには十分な議論を」
 (社)住宅生産団体連合会の樋口武男会長は22日、理事会・総会後の正副会長による記者会見を行った。  同会長は、税率アップがとりざたされる消費税について、「にわかにクローズアップされてきたが『十分な議論をした上で』となっているので、すぐには(税率アップは)ない、と思っている。し...続きを読む
低層住宅建築の労働災害、2009年は大幅減少
 (社)住宅生産団体連合会(会長=樋口武男・大和ハウス工業会長兼CEO)は8日、2009年の『低層住宅の労働災害発生状況報告書』を公表した。  それによると、労働災害件数(休業4日以上)は315件(08年549件)と大幅に減少。完工1千棟あたりでも2・1件となり、08年の3・2...続きを読む
住団連樋口会長「景気対策と住宅対策、車の両輪で」
 (社)住宅生産団体連合会の樋口武男会長は27日、理事会・臨時総会後に記者会見を開き新設住宅着工に伴う経済波及効果は大きいが、景気回復には住宅だけでは難しい、との認識に立ち「車の両輪のように、景気対策と住宅対策の両方を行うべき」との見解を示した。  樋口会長は「前原(誠治)国土...続きを読む
住宅ローン減税で住宅購入前倒し、若年層ほど効果=住団連調査
(社)住宅生産団体連合会は10日、第2回「住宅建築・購入者アンケート」結果を公表した。それによると、住宅ローン減税を「利用する」が89・6%を占めた。前回に対し4・2ポイントの上昇となる。さらに、「今年の住宅ローン減税が、住宅取得に与えた影響」については、「計画を前倒し」が前回比...続きを読む
住団連景況感、第2四半期のマイナス幅は縮小へ
(社) 住宅生産団体連合会は27日、『経営者の住宅景況感調査』(10月度)を発表し、総受注戸数・金額ともにすべての部門でマイナスが継続する結果となった。ただ、賃貸住宅以外は3期続けてマイナス幅が縮小しており、各政策の支援効果による回復の兆しを感じさせる内容としている。2009年度...続きを読む

最近の記事一覧

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)