キーワード: 自民党
政界インタビュー=馬淵澄夫民進党衆議院議員選挙対策委員長、中根一幸自民党衆議院議員国土交通部会長
2016年11月24日08面_住宅産業
民進党選挙対策委員長の馬淵澄夫衆議院議員は、世帯収入の低下が子どもの教育機会を奪い、その子が成長しても再び低い所得層となる〝貧困の連鎖〟への懸念を表明。教育投資に回せるよう住居費の低減を図るなど、低所得層への支援が必要と主張した。自民党の国土交通部会長に就任した中根一幸衆議院...続きを読む
政界インタビュー=根本匠衆議院議員、高木陽介衆議院議員
2016年10月27日08面_住宅産業
自民党金調査会長の根本匠衆議院議員は新たな金融サービス「フィンテック」をはじめ、金融とICTの融合を軸にした改革を提言。クラウドファンディングも、住宅・不動産企業にとって可能性を感じさせる成長資金とした。経産省と内閣府の副大臣を兼務する、公明党の高木陽介衆議院議員。原発再稼働に...続きを読む
政界インタビュー=務台俊介自民党衆議院議員、渡辺猛之自民党参議院議員
2016年09月29日08面_住宅産業
 内閣府や復興庁の大臣政務官を務める務台俊介自民党衆議院議員は、多発する最近の災害において従来の常識に囚われないインフラ整備が必要と指摘した。温暖化対策として、供給が不安定な太陽光に蓄電池やバイオマスを組み合わせて、安定化させる取り組みを推奨する。また、参院農林水産委員長に就任し...続きを読む
政界インタビュー=自民党・坂井学衆議院議員、自民党・石井正弘参議院議員
2016年08月25日08面_住宅産業
 今回の改造まで財務副大臣を務めていた坂井学自民党衆議院議員は、安倍政権の施策の1番は人口減少への対処の取り組みとした上で、人口減を想定することで、従来とは異なる街づくりや住宅に求められるものも変わる、との認識を示した。参院決算委員長に就任した石井正弘自民党参議院議員は、新たな経...続きを読む
政界インタビュー=民進党・古川元久衆議院議員、自民党・竹本直一衆議院議員
2016年07月28日08面_住宅産業
 民進党税調会長の古川元久衆議院議員は、「居住面積倍増計画」を提案。人口減少社会を前提とした土地余りを逆手に取り、デフレ脱却と良質な住環境実現につながる取り組みとして、税制や政策によるインセンティブも踏まえ実現可能とした。自民党の竹本直一衆議院議員は、今回の参院選挙について、「ア...続きを読む
CLTの「省庁連絡会議」が発足、省庁関連の建築需要を検討へ=CLT議連の石破会長「政府上げて取り組む」
2016年06月23日04面_住宅産業
 日本CLT協会が6日の総会後に行った懇親会に「CLTで地方創生を実現する議員連盟」の石破茂会長(自民党、地方創生担当大臣)、古屋圭司会長代理(同、衆議院議員)、秋元司副会長(同、衆議院議員)、高野光二郎事務局長(同、参議院議員)が出席し、懇親会の参加者に、CLT(Cross L...続きを読む
参院選の公約出揃う、与党は地方移住や空き家活用住宅100万戸整備など
2016年06月23日08面_住宅産業
 7月10日に投開票を迎える参議院議員選挙に向けて各政党の公約が出揃った。自民・公明、民進の各党について、住宅政策に関する記載をみると、自民党・公明党の与党は地方創生・活性化策として地方への移住促進、既存住宅市場とリフォーム市場の活性化、CLT(直交集成材)の利用促進などをあげた...続きを読む
政界インタビュー=民進党・大畠章宏衆院議員、自民党・吉野正芳衆院議員、自民党・脇雅史参院議員
2016年05月26日08面_住宅産業
 民進党副代表の大畠章宏衆議院議員は、東日本大震災時に国交大臣だった経験を踏まえ、今後首都圏を始め全国の自治体で災害への備えとして、仮設住宅の建設用地確保や資材備蓄の必要性を強調。また、吉野正芳自民党衆議院議員は、国内の林産業活性化にとってCLTの役割に期待を表明するとともに、今...続きを読む
CLTで地方創生を実現する議員連盟が発足、五輪でのCLT活用の申し入れを確認
2016年05月19日04面_住宅産業
 CLT(直交集成板)を活用し、国土保全や中山間地域の再生、林業・木材産業の成長産業化などを目指す自民党の有志議員による「CLTで地方創生を実現する議員連盟」の設立総会が13日に衆議院第一議員会館で開催された。同議連に参加しているのは衆議院議員60人、参議院議員46人の計106人...続きを読む
政界インタビュー=自民党林芳正参院議員、自民党・鶴保庸介参院議員
2016年04月28日08面_住宅産業
 自民党税調の副会長も務める林芳正参議院議員は、消費税の目的が社会保障費の財源確保のためで財政健全化にとって必要であることを強調。その上で、個人消費に占めるウェートが大きい住宅産業に対し、できる限りの配慮をしていく必要があるとの考えを示した。国土交通副大臣経験者でもある鶴保庸介自...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)