キーワード: 飯田産業
飯田産業、注文住宅事業拡大へ、ユニバーサルホームを子会社化
2017年01月19日03面_住宅産業
 飯田グループホールディングスの中核会社である飯田産業(東京都武蔵野市、兼井雅史社長)はこのほど、企業投資ファンドの運営・助言を行うDRCキャピタルが運営する投資事業有限責任組合DRC1.などからユニバーサルホーム(以下UH、東京都中央区、加藤充社長)の株式を譲渡により取得し、2...続きを読む
飯田グループホールディングスが中計発表、全国に営業店置き木材・建材のM&Aや海外進出
 飯田グループホールディングス(西河洋一社長)は2014年度を初年度とする3ヵ年の第1次中期経営計画をスタートさせた。第1次中計の概要は19日、一建設・飯田産業・東栄住宅・タクトホーム・アーネストワン・アイディホームの統合後初の決算となる、2014年3月期業績と共に西河社長が発表...続きを読む
飯田グループ6社が共同会見、共同持株会社は「飯田グループホールディングス」
 一建設・飯田産業・東栄住宅・タクトホーム・アーネストワン・アイディホームの飯田グループ6社は27日午後6時から、同日付の共同持株会社設立および経営統合に関する基本合意書締結に関連して、東京のKDDI大手町ビル・KDDIホールで共同会見を行った。10月29日付で6社の株式上場を廃...続きを読む
飯田グループ、一建設・東栄住宅など6社が持株会社下に経営統合
 一建設・飯田産業・東栄住宅・タクトホーム・アーネストワン・アイディホームの6社は12月25日、6社による経営統合で基本合意に達し同日付で合意書を締結したと発表した。  経営統合して共同株式移転で持株会社を設立、統合当事会社6社は、その完全子会社となり傘下に入る。統合予定は20...続きを読む
飯田産業、先導的モデル事業の住宅供給を長期優良住宅戦略に反映
飯田産業(本社=東京都武蔵野市、兼井雅史社長)は、国交省に応募した長期優良住宅・省CO2の2つのモデル事業への提案が、5月、共に採択を受けた。同社では長期優良住宅先導的モデル事業で採択された仕様の住宅の供給を通じ、消費者へ長期優良住宅を啓発するとともに、長期優良住宅普及促進法の認...続きを読む
国交省、先導的モデル事業の採択提案公表
国土交通省は15日、2009年度実施の第1回長期優良住宅先導的モデル事業の採択提案を発表した。全311件の応募が寄せられ75件を採択した。「住宅の新築」は58件。今回の採択事業者には、同モデル事業の実施以来、相対的に採択実績が少なかった大手パワービルダーの中から、飯田産業が「いい...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)