キーワード: 健康
パナES社、HEMS接続可能機種を拡張
141127001
 パナソニックエコソリューションズ社は、HEMS(家庭用エネルギー管理システム)の機能を強化する。同社のHEMS商品「スマートHEMS」に接続する機器を現在の16機種から20機種に拡張する。照明スイッチや空気清浄機などの同社独自の機器と接続・連携してHEMSの利便性を向上、普及・...続きを読む
三井ホーム、回復想定以上に遅れ、2×6導入踏まえ受注強化
 三井ホームの市川俊英社長は、記者会見を行い「消費税の8%増税の反動減を考慮した受注見通しを立てていたが、回復が想定より遅れ厳しい状況」との現状認識を示した。  その一方で、構造材の2×4材から2×6材への変更を軸にした独自の『プレミアム・モノコック構造』導入効果や、新たな...続きを読む
トヨタグループ初のサ―ビス付き高齢者住宅「T─グランシア水源」
 トヨタホームとトヨタすまいるライフのサービス付き高齢者住宅『T─グランシア水源』(愛知県豊田市水源)が、13日のオープンを前に準備が急ピッチで進む。  運営を手がける、トヨタすまいるライフの清水一平社長は「施設の善し悪しは、働くスタッフがどういう意識でサービスを提供するか...続きを読む
UR団地を地域医療福祉拠点に、23団地で先行実施
 都市再生機構は23日、地域の医療福祉拠点として活用する23のUR団地を公表した。  2018年度までに100団地程度で実施する予定だが、先行して23団地を選定。このうち豊島5丁目団地(東京都北区)での取り組みを同日、報道関係者向けに公開した。  住み慣れた地域で高齢...続きを読む
大和ハウス、子育て55のアイデアハウス
 大和ハウス工業は、プロデューサーのおちまさと氏とのコラボレーションによる分譲地「IKUMACHI(育まち)吉川美南プロジェクト」(埼玉県吉川市)の戸建住宅街区内に、コンセプトハウスとなる『+Child firstの家』をオープンさせた。  子どもの安全・健康に配慮した設備...続きを読む
東芝、府中事業所内に初の戸建て型スマートハウス関連展示施設
toshibash
 東芝は、東京・府中の府中事業所内にスマートハウス関連製品・技術の展示と開発に向けた実証試験を行う、同社初の戸建住宅型ショールーム施設「Toshiba Smart Home(東芝スマートホーム)」をオープンした。  ハウスメーカーやデベロッパー向けに公開し、既存製品やサービ...続きを読む
トイレにスポット当てた国内最大規模の展示会、11月12日から東京ビッグサイトで
 11月12日から14日の3日間、東京・有明の東京ビッグサイト全館を使って同時開催される11の展示会のなかに、今年初めて開催される「第1回トイレ産業展」がある。TOTO、LIXILのトイレ業界大手企業など30社以上が出展する国内最大規模のトイレにスポットを当てた展示会で、各社の最...続きを読む
戸建て大手、ZEH強化へPV10kw超商品を拡充
 戸建住宅大手各社が、戸建住宅の『ZEH(ネット・ゼロエネルギー住宅)』強化に乗り出した。  パナホームは10キロワット超の大容量太陽光発電(PV)システムを搭載した『エコ・コルディス2.』を1日から発売。ミサワホームも企画住宅でZEH基準対応『スマート・スタイルS』を10...続きを読む
病院耐震性向上へリート活用を検討、国交省が来年3月にガイドライン
 国土交通省は9月26日、病院の耐震性向上などを進めるためにリートが投資できる体制を整える目的で「病院等を対象とするヘルスケアリートの活用に係るガイドライン検討委員会」(座長=田村幸太郎弁護士)を立ち上げた。  現在、サービス付き高齢者向け住宅などのヘルスケア施設に対するリ...続きを読む
大和ハウスG、アクティブシニア層をサポート
 大和ハウス工業は、『充実ネクストライフサポートプロジェクト』をスタートさせた。 高齢社会におけるアクティブシニアの真のニーズを、グループが連携し共に考え具現化していくプロジェクト。その第一弾で、高齢期を見据えた50歳以上の人を対象に、グループ3社が連携しての「滞在型研修...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)