キーワード: 家具
HOMMA、日本の工業化技術でアメリカ住宅産業に革新を
18110826
 起業家の本間毅氏がシリコンバレーで立ち上げたホームビルダー・HOMMAは、日本企業が培ってきた工業化住宅の技術やノウハウなどをアメリカに持ち込み、旧態依然の住宅産業の技術革新を狙う。  居住者の快適性や利便性を徹底的に追求した空間提案、人間工学や生活習慣を参考に開発された...続きを読む
ヤマダホームズ、「家電付き」で2千万円=M&A視野に事業拡大
18101714
 ヤマダホームズ(群馬県高崎市)の増田文彦社長は住宅産業新聞のインタビューに応じ、「5年後のヤマダ電機の住宅事業の売上高5千億円を達成するため、既存事業の拡大と合わせて、M&Aも視野に入れている」とした。  2022年度の受注棟数は18年度の約2・4倍の6050棟、売上高は...続きを読む
ミサワホーム、木質系企画住宅「スマートスタイルH新スキップ蔵」、5層構成で空間に広が
18100419
 ミサワホーム(東京都新宿区、磯貝匡志社長)は、木質系企画住宅ブランド「スマートスタイル」に、「スマートスタイルH新スキップ蔵」を追加し、6日から沖縄県を除く全国で発売した。  共働き世帯の増加と街なか居住の需要の高まりを受け、新商品を企画。延床面積100~110平方メート...続きを読む
DTSが『ウォークインホーム』のプレゼン機能を向上、CGよりリアルに=システム刷新し大規模施設対応も
18092857
 住空間プレゼンテーションソフト『Walk in home(ウォークインホーム)』を製造・販売するDTS(東京都中央区、西田公一社長)は9月21日、基幹システムを刷新し既存版と比べプレゼンテーション能力を向上させた新『ウォークインホーム』を発売した。  新『ウォークインホー...続きを読む
エースホーム、ZEH普及で工務店支援
2018年03月29日03面_住宅産業
 住宅FCを運営するエースホーム(東京都新宿区、押谷敏樹社長)は現在、全国で加盟50店が住宅供給を行っているが、「面倒見の良い本部」という方針を前面に出しながら、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)普及推進のための加盟店サポートを積極的に行っている。特に注力しているのは「Z...続きを読む
クリナップ、東京・南青山にイタリア高級システムキッチン・バルクッチーネのショールーム開設=当面「BtoB」で販売
2017年12月21日04面_住宅産業
 クリナップ(東京都荒川区、佐藤茂社長)は18日、イタリアの高級キッチンメーカー・Valcucine(バルクッチーネ)と9月に行った取引契約締結に基づき、東京都港区の南青山にバルクッチーネのシステムキッチン商品をPRするショールーム『Valcucine Tokyo』を開設すると共...続きを読む
カチタス・ニトリ提携、共同店舗展開など、来年1月から順次開始
2017年10月05日03面_住宅産業
 中古住宅の再生販売事業を行うカチタス(群馬県桐生市、新井健資社長)は、家具大手のニトリホールディングス(北海道札幌市、白井俊之社長)と4月28日に資本・業務提携契約を締結しているが、9月27日、両社において具体的な内容を検討を開始することで合意したと発表した。  それによると...続きを読む
【トップに聞く】ヘティヒ・ジャパン代表取締役社長のマーティン・ブリックマン氏、「キッチンの価値高める金具供給」
2017年06月29日04面_住宅産業
 ドイツに本社を構える家具金物メーカーのヘティヒは、日本向けの製品供給を本格化させるために1991年にヘティヒ・ジャパンを設立した。ヘティヒ・ジャパンでは、閉める際に一定の距離からは手を離しても自動で扉や戸が引き込まれ、「バタン」といった不快音を出さないダンパー内蔵の丁番や引戸金...続きを読む
ミサワホームが木質パネル工法で高級戸建住宅
2017年04月13日01面_住宅産業
 ミサワホームは10日、木質パネル工法の高級戸建住宅「CENTURY(センチュリー)」ブランドの展開を開始すると発表した。同社の創立50周年記念商品として「CENTURY Primore(プリモア)」を発売。延床面積150平方メートル~300平方メートル、請負金額4千万円以上の高...続きを読む
家具提案で顧客満足度アップ、家具販社とのコラボで相乗効果
2016年09月08日01面_住宅産業
 新築住宅着工数が減少傾向にある中、住宅会社各社は新規顧客との新たな接点や、従来とは一味違う提案をするために各種施策を展開している。こうした中、地域ビルダー・工務店における家具メーカーやインテリア関連企業などとのコラボレーションが増えてきているようだ。住宅デザインのテイストに合っ...続きを読む

最近の記事一覧

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)