キーワード: 家具
カチタス・ニトリ提携、共同店舗展開など、来年1月から順次開始
2017年10月05日03面_住宅産業
 中古住宅の再生販売事業を行うカチタス(群馬県桐生市、新井健資社長)は、家具大手のニトリホールディングス(北海道札幌市、白井俊之社長)と4月28日に資本・業務提携契約を締結しているが、9月27日、両社において具体的な内容を検討を開始することで合意したと発表した。  それによると...続きを読む
【トップに聞く】ヘティヒ・ジャパン代表取締役社長のマーティン・ブリックマン氏、「キッチンの価値高める金具供給」
2017年06月29日04面_住宅産業
 ドイツに本社を構える家具金物メーカーのヘティヒは、日本向けの製品供給を本格化させるために1991年にヘティヒ・ジャパンを設立した。ヘティヒ・ジャパンでは、閉める際に一定の距離からは手を離しても自動で扉や戸が引き込まれ、「バタン」といった不快音を出さないダンパー内蔵の丁番や引戸金...続きを読む
ミサワホームが木質パネル工法で高級戸建住宅
2017年04月13日01面_住宅産業
 ミサワホームは10日、木質パネル工法の高級戸建住宅「CENTURY(センチュリー)」ブランドの展開を開始すると発表した。同社の創立50周年記念商品として「CENTURY Primore(プリモア)」を発売。延床面積150平方メートル~300平方メートル、請負金額4千万円以上の高...続きを読む
家具提案で顧客満足度アップ、家具販社とのコラボで相乗効果
2016年09月08日01面_住宅産業
 新築住宅着工数が減少傾向にある中、住宅会社各社は新規顧客との新たな接点や、従来とは一味違う提案をするために各種施策を展開している。こうした中、地域ビルダー・工務店における家具メーカーやインテリア関連企業などとのコラボレーションが増えてきているようだ。住宅デザインのテイストに合っ...続きを読む
南海トラフの長周期地震動に備え大臣認定の運用強化、超高層建築物等の新築で
2016年06月30日05面_住宅産業
 国土交通省は24日、南海トラフ沿いで発生が予想されるM8~9の巨大地震に伴う長周期地震動対策として、高さ60メートルを越える建築物並びに地上4階建て以上の免震建築物(以下、超高層建築物等)を大臣認定により新築する場合、2017年4月1日以降に申請する性能評価に基づく大臣認定につ...続きを読む
住友不動産、三大都市圏でZEH標準対応の注文戸建て
2016年04月28日02面_住宅産業
 住友不動産は、4月から分譲マンションの住宅設備を導入し、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を標準仕様とした注文戸建て商品「CITY HOUSE STYLE」を三大都市圏で発売した。同社の高級マンション仕様の住宅設備、マンションの設計ノウハウを生かしたプランニング、太陽光...続きを読む
パナソニック・エコソリューションズ社、水回り最上位製品のブランド統一=システムキッチン・システムバス・洗面化粧台「L-CLASS」立ち上げ
2016年04月21日04面_住宅産業
 パナソニック・エコソリューションズ社は6月、システムキッチン・システムバス・洗面化粧台の最上位共通ブランド「L―CLASS」の商品群を発売する。14日に発表した。従来は個別に展開していたブランドを一本化、商品群の世界観を統一しデザイン面の連携とブランドの訴求力向上を図る。ターゲ...続きを読む
ミサワホーム、グループ初の女性用シェアハウス、ノウハウ蓄積
2016年02月18日02面_住宅産業
 ミサワホームは、グループ初の取り組みとして3月下旬から女性専用シェアハウスの運営を開始する。グループのミサワホーム不動産が自社で保有する東京都世田谷区の土地に木造軸組構法2階建ての住宅「Belle Philia(ベル フィリア)下北沢」を建設している。シェアハウスは、土地オーナ...続きを読む
LIXIL、「HOUSE VISION 2016 TOKYO EXHIBITION」に出展=建築家の坂茂氏と豊かな住生活の未来提案
 LIXIL(本社:東京都千代田区、瀬戸欣哉社長)は7月30日から8月28日まで東京・お台場の青海駅前特設会場で開催される「HOUSE VISION 2016 TOKYO EXHIBITION」に出展する。「HOUSE VISION」は2010年、デザイナーの原研哉氏を中心に立ち...続きを読む
太陽が稼ぐ家でキャンペーン
 アキュラホーム(東京都新宿区、宮沢俊哉社長)は「グッドデザイン賞受賞記念大感謝祭」(1月2日~3月31日)の一環として、10・4㌔㍗の屋根一体型太陽光発電システムを標準搭載した「太陽が稼ぐ家―家事と家計にやさしい家」(延床面積97・70平方㍍で税込本体価格1830万円から)を発...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)