キーワード: 大和ハウス工業
17年3月期住宅企業7社の受注額速報、全体的にマイナス傾向、戸建て低調
2017年04月20日02面_住宅産業
 2017年3月期末の戸建住宅企業7社の受注金額速報値がまとまった。全体的にマイナス傾向で、戸建住宅は横ばいや減少だったが、賃貸住宅(集合住宅)において増減に分かれた。大和ハウス工業は戸建て、集合とも好調だったが、旭化成ホームズは戸建てがほぼ横ばい、賃貸も「戻りがもう少しあると想...続きを読む
大手鉄骨系メーカーによる古民家再生
2017年04月20日01面_住宅産業
 鉄骨戸建住宅をメーンで供給する大手ハウスメーカーが築100年を超える木造軸組の古民家再生に取り組んでいる。積水ハウスや大和ハウス工業、積水化学工業、パナホームがグループ会社を通じて手がけて手掛けいるが、きっかけは各社とも新築の営業活動や既存顧客へのアフターサービス。紹介や相談を...続きを読む
住民自治で持続可能なまちに、環境配慮し若い世帯流入=大和ハウス工業「SMA×ECO TOWN晴美台」
2017年04月06日02面_住宅産業
 大和ハウス工業が手がけた分譲戸建住宅団地「SMA×ECO TOWN晴美台」(大阪府堺市)は、まち単位でエネルギーを最適化するプロジェクト「SMA×ECO PROJECT」の第1弾だ。2013年3月の入居開始から4年余りが経過したが、環境に配慮したまちをつくり、周辺から若い世帯が...続きを読む
大和ハウス工業、3階建て戸建分譲を強化
2017年03月30日02面_住宅産業
 大和ハウス工業は、戸建分譲事業において3階建ての展開を強化する。3階建て分譲戸建住宅は、東京都豊島区で11戸、埼玉県さいたま市浦和区で3戸を供給しているほか、神奈川県横浜市大倉山と東京都文京区小石川において各2戸を準備している。大規模な分譲戸建ての土地取得は、競合が激しくなって...続きを読む
大手メーカによる住宅団地再生、住民・自治体と協力しソフト提案、大和ハウス工業が東西で仕組み模索
2017年03月30日01面_住宅産業
 経済成長とともに広がった大都市郊外の大規模な戸建住宅団地は、同世代がほぼ同時期に入居したという特質から、近年は一気に高齢化が進み、地域の衰退・荒廃の懸念が広がっている。この課題に、国や自治体が取り組みを本格化(16日付1面参照)しているなか、住宅団地を供給した住宅企業が、住民と...続きを読む
健康経営優良法人、経産省が認定法人公表、大和ハウスなど236社
2017年03月02日06面_住宅産業
 経済産業省は2月21日、健康増進に取り組み、特に優良な健康経営を実践する法人を顕彰する「健康経営優良法人2017」を発表した。今回が初の認定となり、大規模法人(ホワイト500)236法人、中小規模法人95法人を認定した。ハウスメーカーでは、大和ハウス工業、住友林業、積水化学工業...続きを読む
大和ハウス工業「プレミアムフライデー」を初実施、住宅営業の現場は「プレミアムマンデー」
2017年03月02日02面_住宅産業
 大和ハウス工業は2月24日に、午前8時に出社し正午に仕事を終える「プレミアムフライデー」を実施した。パートや契約社員を含む約1万9千人が対象。お客様センターなどは休めなかったが、東京本店が管轄する住宅展示場全12ヵ所は午後を休みとし、住宅の営業現場でも問題なく実施できたという。...続きを読む
大和ハウス工業、プレミアムフライデーを開始
 大和ハウス工業は24日から、経済産業省が推進する「プレミアムフライデー」を開始した。「プレミアムフライデー」では、「遅くとも午後3時までの業務終了」が推奨されているが、同社では「午後休」とし、正午に仕事を終えた。24日は午前8時からと始業時間を通常時より1時間早めて、午前中の4...続きを読む
大和ハウス工業、戸建分譲に宅配ボックス設置、首都圏中心に年500戸
2017年02月23日02面_住宅産業
 大和ハウス工業は、日本郵便、ポストや宅配ボックスなどを供給するナスタ(本社=東京都中央区、笹川順平社長)と協力し、再配達を減らすために不在時に荷物や書留郵便の受け取りが可能な新型宅配ボックスを設置した分譲戸建住宅を供給する。11日から販売を開始した、越谷レイクタウンの戸建分譲地...続きを読む
住宅企業の1月受注額速報、全体にバラツキ目立つ、戸建て受注は各社苦戦
2017年02月16日02面_住宅産業
 住宅企業11社の1月における受注金額(速報値)は、11社中7社がプラス、4社がマイナスとなるなどバラツキが目立った。戸建住宅の受注は積水ハウスをはじめ、住友林業、ミサワホーム、パナホームなどがマイナス、大和ハウス工業もマイナス方向での横ばいと苦戦している。注文住宅受注の先行指標...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)