キーワード: 大建工業
大建工業、ホームセンター向けに音響効果高める建材
 大建工業は、リビングなどの壁に取り付けて、耳障りな高音域を約70%吸音して、不自然な音の響き(フラッターエコー)を和らげるインテリア建材「オトピタR」をホームセンター向けに発売した。  全12色の豊富なカラーバリエーションを揃えて、内装とのコーディネートを楽しみながら、手軽に...続きを読む
TDYが共同会見=アライアンス活動を報告、多方面で成果に
 TOTO、大建工業、YKKAPの3社は、TDY東京コラボレーションショールーム1周年記者説明会を開催し、アライアンスの成果などを報告した。  説明会では、神波秀一YKKAP執行役員営業本部長がTDY東京コラボショールームの成果とグリーンリモデルフェア2013の開催結果を発表。...続きを読む
大建工業=秋葉原ショールームをリニューアル、専門的な情報発信拠点に
 大建工業は、秋葉原ショールーム(東京都千代田区外神田3―12―8住友不動産秋葉原ビル3階、℡03―6271―7600)をリニューアルした。収納コーナーやペット共生コーナー、リフォームコーナーを新設。新宿のTDYコラボレーションショールーム(新宿ショールーム)との差別化を図り、よ...続きを読む
大建工業=日本の樹シリーズに最高級床材を追加、厚単板で無垢に匹敵する美しさ
 大建工業は、国産樹種を表面化粧材に採用した内装建材「日本の樹シリーズ」に、最高級グレードのフローリング「エクオス日本の樹 至高」を追加した。21日に発売する。厚さ2ミリの国産材単板を使用。無垢材に匹敵する美しさと独自の木材加工技術による品質安定性を両立させた。日本の樹シリーズを...続きを読む
建材メーカーが木材利用ポイント活用、主要商品を対象商品に認定
 木材利用ポイントの発行・交換申請受付の開始に伴い、大手建材メーカーの製品がポイント発行対象商品に認定された。大建工業は床材2シリーズ、ニチハは国産木材チップを原材料としたオフセットサイディングが対象となった。内装・外装の木質化工事では、登録建築材料か対象地域材を使用する必要があ...続きを読む
TDY3社、首都圏初のコラボ拠点、「グリーンリモデル」発信
 TOTO、大建工業、YKKAPの3社は3日、JR新宿駅から徒歩約4分のJR南新宿ビル(渋谷区代々木2―1―5)に「TDY東京コラボレーションショールーム」をオープンした。  3社が提唱する、「健康配慮」「長もち住宅」「CO削減」の3つの視点をテーマにしたリフォームのコンセプ...続きを読む
大建工業、ダイライト制震システムを全国発売
 大建工業は、一部の住宅事業者を対象に販売していた木造住宅用制震システム「ダイライト制震システム」を全国発売した。東日本大震災後に強まった「地震への備え」などの耐震性能に対するニーズに対応する。  制震システムは2007年に開発した。厚さ12・5ミリの耐力面材「制震システム専用...続きを読む
大建工業、化粧材に国産木材を使用した内装建材「日本の樹シリーズ」を発売
 大建工業は、杉や栗、栃の日本人に馴染み深い3つの樹種を生かした内装建材「日本の樹シリーズ」を発売した。独自技術により、国産木材を表面化粧材として活用することに成功。ドア、収納、床材、階段、格子間仕切りまでシリーズ化しており、好みのデザインでトータルコーディネートすることができる...続きを読む
TDYアライアンスが10周年、技術を組み合わせたシナジー商品の創出も検討
 TOTO、大建工業、YKKAPの3社は、今年で10年目を迎えたTDYアライアンスに関する共同記者会見を行った。同アライアンスは、提携範囲を増改築(リモデル)に限定し、水回り設備、木質建材、開口部それぞれの得意分野を生かしながら、暮らしの価値を高める空間提案「グリーンリモデル」を...続きを読む
TDYとノーリツ、常設のコラボショールームで福島・いわきの住環境復興支援
 TOTO、大建工業、YKKAP(以下、TDY)とノーリツの4社は、福島県いわき市の常磐地区に共同ショールーム「いわきコラボレーションショールーム」を新設した。東京23区の約2倍の面積(約1230キロ平方メートル)に県内最大の人口(約12万7千世帯、約33万人)を誇るいわき市は、...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)