キーワード: 旭化成ホームズ
旭化成ホームズ社長会見、「人の成長が企業成長」継承
 4月1日付で、旭化成ホームズの新社長に就任する池田英輔取締役副社長執行役員と、同日付で持ち株会社の旭化成の副社長執行役員に就任予定の平居正仁現社長の会見が行われた。  記者会見の席上、池田次期社長は「(平居体制の)4年間は、社員が成長したというのが実感。人の成長が企業の成長に...続きを読む
旭化成ホームズ新社長に池田副社長昇格
 旭化成ホームズは取締役会を開き、池田英輔取締役副社長執行役員の代表取締役社長執行役員昇格を内定した。  4月1日付け。平居正仁社長は退任し、持ち株会社である旭化成が6月下旬開催する株主総会後に同社代表取締役副社長執行役員へ就任する予定。 2014年3月13日付け1面から記事の...続きを読む
旭化成ホームズ、街かどヘーベル鍋屋横丁、地域防災貢献と備蓄拠点にも
 旭化成ホームズがオープンさせた分譲展示場「街かどヘーベルハウス鍋屋横丁」(東京都中野区本町)は、防災性の高い備災住宅『そなえのいえ』の実大プラン。古い木造家屋が建ち並ぶエリア特性に配慮し、建物自体の耐火性能を上げるとともに、地域住民への備蓄拠点「ここシェルター」としても位置付け...続きを読む
旭化成ホームズ、AR活用の新ツール開発へ
 旭化成ホームズは、AR(拡張現実)を活用した、住宅営業の新たなプレゼンツール開発に乗り出した。  模型とCG(コンピューターグラフィックス)加工された写真で構成。利用者は、ヘッドマウンテッドディスプレィを活用し、実際に室内にいるような感覚でプランが体験できる。展示会などで、実...続きを読む
2013年度第3四半期の戸建住宅大手7社、依然増収増益基調に、10月~12月期伸び率鈍化の兆し
 戸建住宅大手メーカーの2014年3月期第3四半期(13年4月~12月)決算が出揃った。  上期までの大幅な受注増を背景に、対象7社すべてが前年同期実績に対し増収増益もしくは赤字幅の圧縮となっている。  その一方で、10月以降の3ヵ月(10月~12月)に限ると、売上高は全社が...続きを読む
戸建てなど住宅新商品相次ぐ、消費税増税後に焦点、建替需要や相続税対応で
 住宅の新商品が相次ぐ。  戸建てでは、旭化成ホームズは「ネクストヘーベルハウス」仕様の寄棟屋根『ヘーベルハウス・グランディスタ』、トヨタホームが二世帯住宅『シンセ・フィーラス ニコリズム』を発売。また、積水ハウスは重量鉄骨構造の4階建て複合型多目的マンション『ベレオ・プラス』...続きを読む
ミサワや旭化成ホームズなど採択、第2回省CO2先導事業
 国土交通省はこのほど、省CO2の実現に優れた提案に対して国が補助を行う2013年度第2回住宅・建築物省CO2先導事業の採択プロジェクトを公表した。  それによると、応募提案17件のうち10件を採択した。「共同住宅」の新築でパナホームなどの提案が、「戸建住宅」の新築ではミサワホ...続きを読む
13年度上半期、戸建て8社、棟単価上昇基調に、3千万円超7社に
 戸建住宅大手メーカー8社が、2013年度上半期に供給した戸建住宅の平均棟単価は上昇基調となり、うち7社が3千万円超に――。  住宅産業新聞が、3月期企業7社の第2四半期決算(13年4月~9月)と、1月期の積水ハウスの第2四半期(13年2月~7月)の計8社を対象に集計したもの。...続きを読む
旭化成ホームズ、住宅総合技研に「NEXT」仕様モデル2棟
 旭化成ホームズの『NEXTヘーベルハウス』のモデルハウスが、同社住宅総合技術研究所の敷地内(静岡県富士市)にオープンした。  異なる天井高の部屋を立体的につなぐ、都市型住宅の進化系と位置づける。今回は陸屋根タイプの「キュービック」と寄棟屋根の「新大地」の2棟のプロトタイプとな...続きを読む
旭化成ホームズ、13年度通期業績の売上予想を上方修正
 旭化成ホームズは、過去最高の増収増益となった2014年3月期第2四半期決算を受けて、通期の売上計画を5320億円(期初計画比60億円増)に上方修正を行った。  通期業績として売上高・営業利益ともに過去最高額となる。その一方で、営業利益については「市況の変化や建設コストの上昇な...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)