キーワード: YKKAP
YKKAP=真空トリプルガラス窓を発売、10年保証も実現
 YKKAPは、省エネ性能とデザイン性を備えた住宅用樹脂窓「APW330真空トリプルガラス」を発売した。  断熱性に優れた樹脂フレームと真空トリプルガラスを組み合わせて、一般的なアルミ窓(複層ガラス)の約4倍の断熱性能を発揮する。シリアルナンバーによる一窓ごとのデータ管理や施工...続きを読む
YKKAP=12年度業績予想は利益2倍の増収増益に、中計目標値には届かず
 YKKAPの堀秀充社長は、第3次中期経営計画の最終年度となる2012年度のYKKの建材事業(連結)の業績が増収増益になりそうだと発表した。  売上高は8%増の3496億円、営業利益は2・1倍の167億円になる見込み。生産ラインの開発・改良などの構造改革による収益改善効果や玄関...続きを読む
YKKAP、MADOショップでTポイント10倍キャンペーンを実施
 YKKAPは、地域の建材流通店などが展開するMADOショップで「Tポイント10倍キャンペーン」を2013年1月31日(申請分)まで実施する。  対象商品は、(1)MADOショップオリジナル・スマートカバー工法(2)リモデルウインドウ(3)同・カット&カバー工法(4)同・樹脂窓...続きを読む
TDY3社、首都圏初のコラボ拠点、「グリーンリモデル」発信
 TOTO、大建工業、YKKAPの3社は3日、JR新宿駅から徒歩約4分のJR南新宿ビル(渋谷区代々木2―1―5)に「TDY東京コラボレーションショールーム」をオープンした。  3社が提唱する、「健康配慮」「長もち住宅」「CO削減」の3つの視点をテーマにしたリフォームのコンセプ...続きを読む
YKKAP=埼玉窓工場に機能ガラス棟、Low―Eガラスを生産
 YKKAPは、埼玉窓工場(埼玉県久喜市菖蒲町台)の「機能ガラス棟」の操業を開始した。省エネ性能の高いLow―Eガラスを年間250万平方メートル生産する。  同工場は、窓の製造供給拠点として、2011年7月に操業した。窓事業の中核工場として、主に窓ブランド「APW」シリーズの生...続きを読む
夏場の省エネ・節電に通風関連商品が充実=パッシブデザインを提案
 風を有効に利用することで夏場の省エネ・節電につなげる通風関連商品が充実してきた。部品メーカーは、家庭のエネルギーを管理するスマートハウスとあわせて、自然の風を活用する「パッシブデザイン」を提案する。  YKKAPは、夏の朝や夕暮れ時などの過ごしやすい時間帯に涼を楽しむことがで...続きを読む
YKKAP、仙台市内に直営のMADOショップをオープン
 YKKAPは、東日本大震災の被災3県(岩手・宮城・福島)の復興を窓でサポートする『MADOショップ東北復興応援プロジェクト』の核となる直営の店舗「MADOショップ仙台芭蕉の辻店(宮城県仙台市青葉区国分町1―2―1)」をオープンした。同ショップは、窓を知らない人に窓を知ってもらう...続きを読む
YKKAP=主力玄関ドアに電気錠を標準装備、電気錠の標準化狙う
 YKKAPは、電気錠機能をドアハンドルに内蔵した新世代ドアキーシステム「スマートコントロールキー」を発売した。玄関ドアの利便性や防犯性などの基本機能を高めながらデザインを洗練。まずは、新築向けとして主力の「ヴェナート」に標準装備したほか、リフォーム対応や他シリーズへの展開も計画...続きを読む
TDYアライアンスが10周年、技術を組み合わせたシナジー商品の創出も検討
 TOTO、大建工業、YKKAPの3社は、今年で10年目を迎えたTDYアライアンスに関する共同記者会見を行った。同アライアンスは、提携範囲を増改築(リモデル)に限定し、水回り設備、木質建材、開口部それぞれの得意分野を生かしながら、暮らしの価値を高める空間提案「グリーンリモデル」を...続きを読む
YKKAP・2012年度経営方針、「窓とドア」基本を強化、MADOショップ被災3県に直営店も
 YKKグループは記者会見を行い、2011年度事業概況と12年度のグループ経営方針について発表した。YKKAPが軸となる建材事業の業績(推定)は、新設住宅着工戸数の増加傾向に加えて、製造供給拠点再編や営業業務改革などの構造改革効果が反映された結果、売上高3266億400万円(前期...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)