キーワード: YKKAP
YKKAP=3枚ガラスの樹脂窓を開発、世界トップクラスの断熱性能
 YKKAPは、世界トップクラスの断熱性能を実現した高性能トリプルガラス樹脂窓「APW430」を4月1日に発売する。  標準仕様の熱貫流率(U値)は0・91ワット/平方メートルKで、世界最高の省エネ基準を定めるドイツの断熱基準(U値が0・95以下)をクリアする。堀秀充社長は「『...続きを読む
YKKAP=高断熱樹脂窓APWに窓種追加、小エネ(ローエネ)を推進
 YKKAPは、高断熱樹脂窓「APW330」の窓種を充実させた。スクエア・スリットサイズやウインドキャッチ連窓規格などを追加し、同社が提案する「小エネ(ローエネ)」を推進する。  スクエア・スリットサイズは、窓が設置しにくい部位での採光や通風を可能にする。FIX窓とすべり出し窓...続きを読む
TDYが共同会見=アライアンス活動を報告、多方面で成果に
 TOTO、大建工業、YKKAPの3社は、TDY東京コラボレーションショールーム1周年記者説明会を開催し、アライアンスの成果などを報告した。  説明会では、神波秀一YKKAP執行役員営業本部長がTDY東京コラボショールームの成果とグリーンリモデルフェア2013の開催結果を発表。...続きを読む
YKKAP=神戸市に2ヵ所目の窓工場、関西エリアの需要拡大受け
 YKKAPは、兵庫県神戸市内に、窓の生産拠点「YKKAP六甲窓工場」を建設する。  2014年7月の操業を目指す。埼玉窓工場に続き、2ヵ所目の窓工場となる。生産能力は10万窓。関西エリアの窓事業の中核工場として、関西以西エリアにAPWブランドの窓を供給する。 2013年12月...続きを読む
エコプロダクツ大賞、国交大臣賞ほか部門各賞が決定
 国土交通省や経済産業省など6省の後援による第10回エコプロダクツ大賞の結果が11月29日に公表された。  環境負担の軽減を目的とした製品を対象とするエコプロダクツ部門において、大和ハウス工業の「SMA×ECOプロジェクト」を国土交通大臣賞に選定。エコプロダクツ大賞推進協議会会...続きを読む
YKKAP=スマートドア「ヴェナートS」、防犯性やデザイン性を向上
 YKKAPは、戸建住宅用スマートドア「ヴェナートS」を発売した。ハンドル一体型電気錠「スマートコントロールキー」を標準搭載して、防犯性やデザイン性、操作性を高めた。  同商品は、センターピボットヒンジ構造を採用し、これまで露出していた吊り金具を隠した。枠と扉のすき間を最小にする...続きを読む
YKKAP=主力の玄関引き戸3シリーズを刷新、市場テコ入れ
 YKKAPは、主力の玄関引き戸3シリーズを15年ぶりにフルモデルチェンジし、新シリーズ「れん樹」を発売した。  既存シリーズで重複していた仕様やデザインを統合するとともに、最近の住宅外観とコーディネートしやすいデザインを強化した。玄関引き戸は、利便性の高さなどが見直されて需要...続きを読む
YKKAP=新コンセプト「小エネ(ローエネ)」、窓辺から提案
 YKKAPは、小さなエネルギーで快適に暮らす新しいコンセプト『小エネ(ローエネ)で暮らそう』の提案をスタートした。  樹脂窓「APW330」などの高い断熱性能を持つ窓を中心に、窓の周辺に必要な商品も含めた空間を考え、光や風、熱や水をコントロールする。1年を通じて極力エネルギー...続きを読む
TDYと専業7社=リモデルフェアを開催、独自診断ツールも進化
 TOTO、DAIKEN、YKKAPの3社は19、20日の2日間、東京・有明の東京ビッグサイトで「TDYグリーンリモデルフェア2013」を開催した。  2年に1回実施している同展示会は、前回、東日本大震災の発生で中止したため、東京会場では4年ぶりの開催となった。 2013年4月...続きを読む
断熱関連各社=低炭素住宅認定制度に対応した支援が充実、申請図書の作成も
 住宅部品メーカーによる低炭素住宅認定制度に対応した工務店やビルダー向けの支援・サービスが充実してきた。  窓を扱うLIXILとYKKAPは、同制度の基準を満たすための技術的な相談や申請図書の作成などを支援する有料のサービスを開始した。断熱材メーカーは、制度の概要から施工ポイン...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)