シリーズ: 注目の助成金
注目の助成金(8)古き良き「町家」に移住で助成金

 「町家」とは、江戸時代、城下町や門前町などの都市に建てられた町人の住宅を指します。古き良き日本の町人文化に触れられると、国内外から多くの観光客が日本各地の町家を訪れています。特に、京都府京都市の「京町家」、石川県金沢市の「金澤町家」が有名です。  今回ご紹介する補助金があ...続きを読む
注目の助成金(7)「お試し→正規雇用」で1人最大15万円

 「トライアル雇用助成金」というものがあります。従業員をお試しで雇用し、仕事の適性等を判断してから正規雇用する会社に対して、助成される奨励金です。使い勝手が悪いわけではないのですが、問合せや手続きが少ないです。  申請者が少ないということは「予算切れで終了」という危険性が他...続きを読む
注目の助成金(6)若者の地方定住を支援

 進学や就職をきっかけとして、地方の多くの若者たちが上京してきますね。近年は特にその傾向が強く、地方の若者の人口がますます減少し、少子高齢化が進行しています。自治体の維持が困難になっている「限界集落」も増加しています。  こうした流れを食い止めるには、地元の若者たちが地元に...続きを読む
注目の助成金(5)空き家の解体撤去に補助

 空き家の増加が問題視されています。空き家を放置すると、老朽化、崩壊し、最悪の場合、近隣に被害が出てしまう恐れがあります。こうした事情から、自治体は空き家を減らす対策を講じています。  兵庫県姫路市では、老朽化して崩壊する危険がある空き家の解消を促進し、市民の安全と安心を確...続きを読む
注目の助成金(4)薪ストーブで温暖化防止

 二酸化炭素による「地球温暖化」が進行しています。自治体の中には、地球温暖化を防ぐ為に「薪ストーブ」の使用を推奨しているところがあります。  たとえば、京都府長岡京市では、薪ストーブや薪ボイラーを設置する市民や事業者に、設置費用の一部を補助しています。この補助金は、地球温暖...続きを読む
注目の助成金(3)雨水貯留タンクで集中豪雨を防ごう

 今年は大型台風が頻繁に来ています。雨水が一気に河川に流れ込むと、洪水や土砂崩れが起きて、住宅が崩壊するなど甚大な被害を受ける危険性があります。このような被害を防ぐために、雨水貯留タンクの設置を推進している自治体があります。  雨水貯留タンクとは、建築物の屋根からの雨水を集...続きを読む
注目の助成金(2)助成金と補助金の違いとは?

18100948
 突然ですが、皆さんは「助成金」と「補助金」の違い、ご存知でしょうか?  助成金は主に「厚生労働省」、補助金は主に「経済産業省」及びその外局である「中小企業庁」にて公示されています。また、一部ですが、環境省や国土交通省などの他の官公庁でも公示されているものもあります。 ...続きを読む
注目の助成金(1)はじめまして、「助成金なう」です

18100220
 みなさんはじめまして。私たちは株式会社ナビットです。  ナビットは、地下鉄などの駅に掲示されている「のりかえ便利マップ」を作っている会社です。また、全国の地域特派員5万8100名により、地域密着型の情報収集を日々行っています。弊社が収集した情報は、大手検索サイトなど数多く...続きを読む

 関連するキーワードはありません。

最近の記事一覧

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)