2018年11月1日(第1922号)/住宅省エネ義務化、20年度までは「課題多い」=社整審環境部会の見方

2018年11月01日01面_住宅産業

主なトピックス
積和建設グループ、一次取得者向けに全国統一戸建商品を投入/NCNが「家づくり構造計算ナビ」を提供開始、建築前に住宅の安全性能を数値化/伊藤忠商事、自家消費対応で蓄電池AI制御/建経研の着工予測、19年度持ち家は27万5千戸/タカラスタンダード、地元密着強化で岐阜支店設立/キッチン・バスの日特集

連載
コラム「ひと」=ジャパンホームシールド技術統括部地盤解析部部長の内山雅紀さん/注目の助成金=4(ナビット社長 福井泰代)/受注につながるWEB戦略=150(住宅産業研究所・高田宏幸)/これからの住宅ライティング=28ライツワークス代表・JLCA副会長 山中敏裕)/木造ハウジングコーディネーター 目指せ!木造住宅のスペシャリスト=39本木造住宅産業協会)

掲載記事一覧
アエラホーム、FC事業に本格参入/TOTO2019年3月期第二四半期決算、減収減益に=既存向けリモデルも減少/住団連の7~9月景況感、一昨年並に回復/大和ハウス工業、船橋で大規模複合開発=260億円かけ861戸整備/積水化学工業・住宅C、業務効率向上へ新CADシステム開発開始/パナソニックホームズと学研HD、「家族が共に育つ」子育てて世帯向け住宅を共同開発/YAGENが安価で適正な地盤工法、「新E-S基礎工法」をビルダーなどに提供へ/木住協が作文コンクールの表彰式/東洋大学で足場設計講義、現場のプロが技術を伝授/2019年4月に日立アプライアンスと日立コンシューマ・マーケティングが合併/太陽光発電の出力制御対象「住宅用の可能性低い」-JPEAが現状認識示す/経産省エネ庁がFIT期間満了世帯向けに電力買取サイト設置 他

決算
TOTO19年3月期第2四半期連結決算

人事・機構改革
大和ハウス工業/積水ハウス

訃報
河合徳太郎・元大和ハウス工業常務取締役

最近の記事一覧

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)