2018年2月1日(1886号)/ポラス、戸建て用初の録画機能付き宅配ボックス、居住者の不安解消に

2018年02月01日01面_住宅産業

主なトピックス
ミサワホーム、リスク低減切り口に住宅リフォーム新提案/ポラス暮しの科学研究所の分譲地の取り組み、居住者のライフスタイル重視/2018年暦年の新設住宅着工戸数は95万戸前後、大手住設建材の経営陣が予測=ナイス新春経済講演会のパネルディスカッションで/建設経済研究所の住宅着工戸数予測は18年度は96万4千戸、持ち家は増税前で4・0%増の見込み/東日本レインズ、中古マンション成約が過去最高に、新築戸建ても件数増

連載
コラム「ひと」=シェルター代表・木村一義さん/受注につながるWEB戦略=114(住宅産業研究所・高田宏幸)/住宅トラブル対応作戦=174(弁護士・石川利夫)/BIM木造住宅建築への活用=13(㈱MAKE HOUSE代表取締役・今吉義隆)/これからの住宅ライティング=10(ライツワークス代表・JLCA副会長 山中敏裕)

掲載記事一覧
彩の国いえ博2018、2月10日に開幕/振興財団など、展示場来場者調査で「2年以上先」51%/積水ハウス新社長に仲井取締役/積水ハウスの新築戸建て、東ガスのエネファーム採用累計1万棟/セキスイハイム近畿事業所、〝魅力発信〟強化で工場リニューアル/東急リバブル、マンション売り主向け、売却支援パック全国展開/積水ハウスの和田会長が相談役に、環境配慮の重要性浸透させた立役者/ノンブローカーズ、建物診断が可能なアプリの提供開始/ナイスが新春経済講演会/木住協、会員限定の無料法律相談を開始/LIXIL、4月に新価格制度導入=旧5社の運用方針を一本化/LIXIL、海外・国内の広報機能を一元化=「コミュニケーションズ&CR部」新設/LIXIL、インドとグローバル展開の強化でインドの衛生陶器会社買収/リンナイ、給湯・暖房システムなどをパナソニックHEMSと連携/ノーリツ、3月から『あんしん点検』スタート=重大事故の抑制を目的に/住宅建築予算が2400万円に増加、展示場来場者調査/フラット35、自治体との協定で、空き家対策で金利引き下げ/17年度9月末まで瑕疵担保の資力確保、新築27万戸が実施/国交省、外国人建設就労者を表彰、住宅建築の従事者も対象/住宅団地再生の連絡会議、取り組み事例を発表/賃貸住宅標準契約書改訂へ、国交省、債務保証業者型を用意 他


最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)