帝国データ景気調査、14年が「悪化」局面前年の3・6倍に

[PR]住宅産業新聞デジタル版が15年2月からスタート!!お得な料金設定で

 2014年が「悪化」局面だったとする企業は28・9%で前年の3・6倍に──。帝国データバンクがまとめた『景気に対する企業の意識調査』結果で、悪化要因を消費税率アップに見るところが多かった。また、15年についても「回復」見込みは13・4%で前回見通し(13年11月調査)より半減。特に、規模が小さい企業ほど厳しい見通しをしていることがわかった。

 それによると、14年の景気動向について「回復」局面と回答した企業は7・8%で、前回(26・2%)に対し18・4ポイントダウンした。また「悪化」局面回答は28・9%で前回(8・0%)に対し3・6倍に急増している。

関連するキーワード

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)