野村不アーバンネット、投資不動産の買い時感6割に、1年前より減少 | 住宅産業新聞

野村不アーバンネット、投資不動産の買い時感6割に、1年前より減少

 野村不動産アーバンネットはこのほど、不動産投資に関する意識調査を公表した。

 それよると、投資用物件の買い時感は「買い時だと思う」「間もなく買い時が来と思う」を合わせると58・6%で約6割が買い時と回答したが、「買い時だと思う」は1年前の前回調査よりは15・7ポイント減少した。

 また、この先1年間で投資したいものを不動産投資と回答したものが71・1%を占め、買い時感は下がったものの投資意欲は旺盛とした。

 これから有望な投資エリアの1位は「品川・泉岳寺」で、2位から4位は東京五輪で期待が高まる東京湾岸エリアという結果だった。

関連するキーワード

全国の住宅関連ニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

SNSで住まいのニュースを配信中

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)