2017年度住宅着工は93万戸に、シンクタンク予測集計

[PR]住宅産業新聞デジタル版が15年2月からスタート!!お得な料金設定で

 シンクタンクや金融機関など11機関が公表した住宅着工戸数見通しを住宅産業新聞で集計したところ、2017年度は11機関の平均では前年度比2・5%減の93万4千戸との予測となっている。4~6月の住宅着工戸数の増加ぶりから16年度については昨年度実績の92万1千戸を4・0%上回る95万8千戸との予想。その後は落ち着くとの見通しが多勢を占めるものの、低金利などを背景に住宅着工戸数全体は堅調に推移するとの見方だ。

2016年08月25日05面_住宅産業

関連するキーワード

 関連するキーワードはありません。

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)