お知らせ 3月23日は休刊です。次号(第…

ウェブでは読めないニュースが満載!
住宅産業新聞は毎週木曜日発行
新聞を定期購読する
デジタル版を定期購読する
見本紙をダウンロードする

ピックアップニュース

日本レストルーム工業会、温水洗浄便座操作パネルのピクトグラム8種類を標準化
2017年01月26日04面_住宅産業
 一般社団法人日本レストルーム工業会(愛知県名古屋市、会長=喜多村円TOTO社長)は17日、トイレの大便器に設置する温水洗浄便座の操作パネルに表示する機能説明絵記号(ピクトグラム)のうち8種類をこのほど標準化し、(1)同工業会加盟の主要メー...続きを読む

 関連するキーワードはありません。

三井ホーム、木造賃貸高遮音床を標準化
2017年01月26日02面_住宅産業
 三井ホームは19日、木造住宅高遮音床仕様「Mute50(ミュート50)」を開発し、全賃貸住宅の標準仕様として採用すると発表した。ミュート50の特徴は、ALC厚100ミリの一般的な鉄骨住宅と比べて床衝撃音を約3分の1に軽減し、木造ながら床ス...続きを読む
福島県富岡町で災害公営住宅第2期工事開始、集合住宅を積水ハウスが設計・施工
2017年01月26日01面_住宅産業
 2011年3月の東日本大震災からもうすぐ6年。福島第一原子力発電所事故により避難指示区域に指定されている場所では、事故当時の状況から時が止まったままのところも多い。だが、困難な状況の地域においても、少しずつではあるが着実に復興の灯火がとも...続きを読む
低所得者など要配慮者向け住宅を支援、法改正で民間賃貸住宅を登録制に、改修や家賃低廉化に補助
2017年01月26日05面_住宅産業
 国土交通省が、20日から始まった通常国会に提出する法案9件のうち、新たな住宅セーフティネット制度のための「住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律の一部を改正する法律案」が2月上旬に提出される予定となった。低額所得者や高齢...続きを読む
オズ・ワーク、現場吹付発泡断熱材専用の屋根用下地材『ABSSエアネット』発売=遮熱・透湿・防水と密着性確保し「二重屋根」不要と
2017年01月26日04面_住宅産業
 住宅関連部材メーカーのオズ・ワーク(大阪府高槻市、生田英和社長)は2月1日、木造軸組住宅向けとして開発した、現場発泡断熱材吹付専用の遮熱・透湿・防水の各性能を持つ屋根用下地通気部材『ABSS(アビス)エアネット』を発売する。同商材のベース...続きを読む

 関連するキーワードはありません。

菊池建設、伝統技術生かして受注拡大へ
2017年01月26日03面_住宅産業
 2016年11月にナイスの100%子会社となり、新たなスタートを切った菊池建設(神奈川県横浜市、小暮博雄社長)。それまで約60棟であった年間の注文住宅供給棟数を「できるだけ早い時期」(同社)から拡大させたい意向で、「ナイスが持つプレカット...続きを読む
貸家が一部で供給過剰、新築は堅調推移、日銀レポート
2017年01月26日05面_住宅産業
 日本銀行が16日に発表した地域経済報告(通称=さくらレポート)によると、32の本支店などを通じて住宅・不動産関連事業者からの聞き取り調査の結果、住宅投資の見通しとして、持ち家は「安定的な伸びを続ける」との意見から持ち直しが続くとしたほか、...続きを読む

 関連するキーワードはありません。

大手住宅による木造戸建て災害公営住宅、福島沿岸も復興へ
2017年01月26日02面_住宅産業
 東日本大震災からまもなく6年が経過するが、福島第一原発事故の影響が大きい福島県沿岸部でも、被災者の帰還へ向けた動きが始まっている。2015年9月に避難指示が解除された福島県楢葉町と今年4月の避難指示解除を予定する富岡町は、地元住民から要望...続きを読む
着工と戸建窓受注「同期」のズレ拡大、関係者は要因特定に苦心
2017年01月26日01面_住宅産業
 おかしい。何が起きているのか――。戸建住宅用窓の受注・出荷の状況を把握する立場にある関係者の一部で、ここ1~2年、ある疑問が生じている。「疑問」とは、従来は一定時期で連動し同期していた、前年同月比でみた場合の戸建住宅の新築着工数と窓受注数...続きを読む
改正宅地建物取引業法のインスペクション、実施主体は建築士のみに
2017年01月19日05面_住宅産業
 国土交通省は社会資本整備審議会産業分科会不動産部会の議論をとりまとめ、建物状況調査(インスペクション)の実施主体は、インスペクションについての講習を修了した建築士とする方針を示した。建物の設計や調査の専門知識があり、建築士を指導・監督する...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)