シリーズ「住宅と消費税」=積水ハウス阿部俊則社長、反動減はムードの変化で

[PR]住宅産業新聞デジタル版が15年2月からスタート!!お得な料金設定で

 積水ハウスの阿部俊則社長は住宅産業新聞のインタビューに応え、昨年9月までの駆け込み需要について「景気浮揚への期待感が後押しした」との認識を示した。

 その上で、反動減について「当初の想定以上に長引いているのは、景気の動きやムードに多少変化が出てきたため」とみる。また、1棟単価が上昇している現状を踏まえ「単価アップは長寿命で質の高い住宅を供給しているためで、そういう住宅を消費財と捉えるべきか疑問」としている。

 阿部社長は、「昨年10月から反動減が発生。さらに、今年の4月の一般商品の消費税率引き上げに引きずられた格好で、もう一段のマイナスが継続している」とし、住宅産業界にとってダブルパンチだったと指摘。「消費税率のアップという〝山〟を超えたことにより、住宅購入を急がない人たちが増えたため」としている。

関連するキーワード

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)