シリーズ「住宅と消費税」=大和ハウス工業大野直竹社長、「反動減」理屈でなく

[PR]住宅産業新聞デジタル版が15年2月からスタート!!お得な料金設定で

 大和ハウス工業の大野直竹社長は、住宅産業新聞のインタビューに応え、消費税率アップに伴う反動減が続いていることについて、「理屈ではなく雰囲気」によって引き起こされたものとの認識を示した。

 特に、10%までの2段階税率によるアナウンス効果が与えた影響が大きいとみる。その一方で、中長期的には少子化が続くことによる人口減少への懸念を表明。「人口が増えれば、市場回復の可能性は十分ある」とした。

 同社の2014年度第1四半期が過去最高の業績となる中で、戸建住宅受注に関しては前年同期比二ケタマイナスとなった。「決して悪い数字ではない」としながらも、反動減対策に「相当な手を打ったが、それでも期待値を下回った」ことで、楽観できない状況としている。

関連するキーワード

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)