【インタビュー この人に聞く】タカラスタンダードの野口俊明常務取締役営業本部長、リフォ-ム強化の営業体制へ=大都市部〝新築戸建て〟と分離

2018年07月26日04面_住宅産業

 タカラスタンダード(大阪市城東区、渡辺岳夫社長)は4月、リフォーム営業の強化を目的に関西と九州の支社・支店の営業体制を変更し、リフォーム営業は従来通り支社・支店が管轄する一方、新築戸建ては新たに設立した「関西特販支社」「九州特販支店」の担当とした。

 同様の変更は昨年4月に首都圏で既に行っており、関西・九州の施策実施で、同社が進めてきた大都市部の営業分離は一段落した。営業体制を分け1年が経つ首都圏は新築戸建て・リフォームと営業を特化させたことが功を奏し、前期業績の売上増に貢献したという。営業を分離した背景と自社の強みについて、同社の野口俊明常務取締役営業本部長に話を聞いた。

関連するキーワード

全国の住宅関連ニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

SNSで住まいのニュースを配信中

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)