イオグランツ、パノラマビューアプリ「EOPAN」無料化でVR普及加速化

[PR]住宅産業新聞デジタル版が15年2月からスタート!!お得な料金設定で

 イオグランツ(大阪府大阪市、山中健司社長)は、全天球型パノラマ ビューアアプリ「EOPAN」のVR(バーチャルリアリティ)ヘッドセット専用画像(CGパース)に、シーンやインテリアスタイル、テクスチャーなどを切り替えられる「ホットスポット」機能、そのホットスポット機能を自由に組み込める「EOPANクラウドポータル(仮称)」サービスを4月1日から付加するとともに、これまで有料(600円)だった「EOPAN」アプリのダウンロードを無料化する。2014年~17年1月までのEOPANのダウンロード数は約2千件。今回のブラッシュアップとアプリの無料化でユーザーのすそ野を広げ、今年中には累計2万ダウンロードを目指す。また「すでに英語版もリリースしており、普及拡大に合わせて海外への展開も視野に入れている」(山中社長)。

2017年02月02日03面_住宅産業

関連するキーワード

 関連するキーワードはありません。

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)