部材再利用の建て替えで「想い」引き継ぐ=茨城の大成建託

 地域工務店の大成建託(本社=茨城県猿島郡、落合延雄社長)は2010年10月、1棟の2階建て注文住宅を完成させた。

 地元に建っていた築84年の旧家を建て替えたもので、構造材や造作材、建具などを可能な限り再利用すると共に次世代省エネ基準を採用。気密を確実に確保した上で室内の空気の流れを計画的に実現し快適な住まいとした。住宅の完成見学会には2日で110組が訪れ、現在、10組と商談が進んでいる。施主が持つ前の家への想いを新居に引き継いだ、大成建託を取材した。

2011年2月23日付け3面から抜粋

関連するキーワード

全国の住宅関連ニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

SNSで住まいのニュースを配信中

最近の記事一覧

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)