大和ハウス工業=次世代のSI住宅コンセプト、持ち運び可能な内装空間

18070949

 大和ハウス工業(大阪市北区、芳井敬一社長)の総合技術研究所は、30年後の社会変化を予測した「住宅の未来シナリオ」で、超高耐久の躯体(スケルトン=S)に高付加価値の内部空間(インフィル=I)を組み合わせた「次世代のSI住宅」を提案した。

 機能別・目的別にユニット化されたインフィルを必要に応じて取り替えるというもの。住宅は、住むだけの箱から、居住者の個別性の高い要望を叶える「器」になるという。


2018年07月12日付2面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

関連するキーワード

全国の住宅関連ニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)