住団連の2018年1~3月住宅業況調査、客足鈍化し厳しい見通し

 住宅生産団体連合会(会長=和田勇積水ハウス相談役)は5月29日、2018年度第1回の戸建住宅業況調査をまとめた。受注棟数・金額の18年1~3月の実績は、ともに前四半期を上回るなど、数値をみると市況は好転しているようにみえるが、比較した前四半期の実績が低調だったため、その反動によるものという。展示場の来場者数、引き合い件数の伸びが鈍化しており「不安定で苦しい市況」(住団連)として、見通しのつかない状況が続く。

関連するキーワード

全国の住宅関連ニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

SNSで住まいのニュースを配信中

最近の記事一覧

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)