エコライフ「キャスパー」、AI住宅が暮らしを感知=住まい手の動きから設備を制御

2018年06月07日01面_住宅産業

 「照明を明るくして」「カーテンを閉めて」「音楽をかけて」。スマートスピーカーが家庭の中に入り込み、指示を出すとリモコンやスイッチに触れずに設備を動かしたり、サービスを受けることができるようになっている。IoT(モノのインターネット化)技術の発展によるものだ。今、その先を行こうというのがAI(人工知能)技術。すでに動き出しているのが「CASPAR(キャスパー)」で、AIが住宅内の設備をコントロールする。住まい手が指示しなくてもAIが暮らしを感知する。最新技術ならではの課題もあるが、4月の発売から既に採用が進んでいる。

関連するキーワード

 関連するキーワードはありません。

全国の住宅関連ニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

SNSで住まいのニュースを配信中

最近の記事一覧

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)