ポラスグループが録画機能付き宅配ボックス採用、戸建分譲で初の標準搭載

2018年05月24日03面_住宅産業

 ポラスグループ(埼玉県越谷市、中内晃次郎代表)は、宅配ボックスメーカーのナスタ(東京都港区、笹川順平社長)、インターホンメーカーのアイホン(名古屋市中区、市川周作社長)、電設資材商社の因幡電機産業(大阪市西区、守谷承弘社長)の4社共同によって戸建住宅初となる「自動録画機能付き宅配ボックス」を開発した(本紙2月1日付1面で既報)。18日には同グループオリジナル商品の第1弾として中央グリーン開発(埼玉県越谷市、中内景太良社長)の分譲住宅「ママトコ三郷中央」(全37棟)において日本で初めて標準採用することとなり報道関係者に公開された。


2018年05月24日付3面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

関連するキーワード

全国の住宅関連ニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)